建設システムソフトウエア

シェアする

国土交通省が推移しているi-Constructionに対応したソフトウエアです。

点群ソフトウエアであるMetashapeやTerraMapperと関連が深いツールは、INNOSiTE(Site-Scope+SiTECH3D)になります。INNOSiTEから導入される会社様が多くなっています。

INNOSiTEは、SiTECH3DとSiTE-Scopeのセットですが、SiTECH3Dを使用する事でICT建機用の施工データを生成する事が出来、SiTE-Scopeはヒートマップ表示などの出来高集計をすることが出来ます。SiTE-Scopeには、オプションで「舗装工」もしくは、「港湾浚渫工」がございます

セット名 ソフトウエア名 概要
INNOSiTE

SiTEC3D

2次元図面を3次元へ変換するソフト。平面図・縦断図・横断図を自動解析し3次元設計データを作成できます。ICT建機の施行データは、こちらで作成可能です。

Site-Scope

点群の不要な点群を除去、間引き、土量集計をヒートマップ表示できます。
i-Constructionの出来形集計に対応しています。

・ICTオプション1(舗装工)

・ICTオプション2(港湾浚渫工)

None

快測ナビAdv

面施工・面管理のチェックや実施検査に。

デキスパート

出来形管理システム

帳票を簡単に作成することができます。

電子納品支援システム

電子納品を支援します。
土木版、機械設備版の2種類があります。
写管屋

土木工事の写真を効率的に管理出来ます。

購入前には、建設システム様にソフトウエアの仕様など十分ご相談ください。

お見積り・お問い合わせ











 






 


 

確認画面は表示されませんので、上記内容にて宜しければチェックを入れてください。