UAV測量トレーニング

 UAV測量トレーニングノート

本資料は、上位概念である写真測量の基本を交えながら、写真撮影からカメラレンズキャリブレーション、3D計測・点群処理(Agisoft社 Metashape Professional使用)までの一連の作業フローをコンサル様向けトレーニング資料をベースにまとめ直したものです。

UAV一式があれば、本書一冊でUAV測量が可能となるように基本的内容、注意点、ノウハウを網羅しています。また、お問合せの多い弊社Metashapeライセンス購入者限定のサポート内容(精度に関するノウハウ、正しいキャリブレーション方法)を含みます。

例えば、次の疑問が解決致します。

  • Ground Station Pro簡易マニュアル
  • Metashapeのマーカを使用して検証点はどのように設定するのか知りたい。検証点も標定点として設定している方が見受けられます。
  • Metashapeの「座標設定」メニューの「座標系」「カメラ座標」「マーカー座標」の設定方法、変換が知りたい。(JGD2011/2000→WGS84、WGS84→JGD2011/2000の4通り解説)
  • カメラキャリブレーション時、キャリブレーションパターンを撮影するときのカメラの設定が知りたい。マニュアルモードでどのように設定するのか?
  • カメラキャリブレーション/セルフキャリブレーションと「カメラの最適化」の関係
    カメラの最適化は、何に基づいて行われるのか知りたい。
  • JGD2011でマーカを設定した場合、Google KMZでエクスポートできない。どうしたらよいか?
  • 面積/体積測定

対象者:Metashapeを使用したUAV測量・高い精度の構造物復元
目的:UAV測量、オルソフォト生成、土量算出、点群編集
想定成果:UAV測量で確実に精度を出せる、高額なセミナーよりもノウハウが身に付きます。

リリース詳細・費用

  • リリース日    : 2019年 8月16日 更新済
  • リリースバージョン: Ver.1.33
  • リリース形態   : PDFにてメール配布 全80項
  • 価格(税込)   : \28,000

*販売形態の見直し
従来、ライセンス毎で販売しておりましたが、買取型への変更と共に価格を見直しました。購入された会社様内、もしくは従業員100名様以上の企業は事業所単位内で、ご自由にお使い頂けます。(2019.04.23)

(注)ドローンスクール様、Photoscanスクール等の教材としての利用は基本不可としています。

Change log

2019年3月3日 Ver1.3

  • Metashape Ver1.5対応
  • Ground Station Pro2.0対応

2019年3月11日 Ver1.31

  • 座標変換方法の追加
    従来のJGD2000/2011→WGS84に加えて、WGS84→JGD2011/2000

2019年6月5日 Ver1.32

  • 3.2章 「カメラ特性の基本」の内容見直し・追加
  • 3.3章 「レンズキャリブレーション」の内容見直し・追加
  • 3.4章 写真のアラインメント内、「カメラキャリブレーション」ダイアログの「固定パラメータ」、「写真-不変パラメータ」内容の追加

2019年8月16日 Ver1.33

  • Metashape Ver1.5に置き換わっていない図の修正
  • 3.2.2章 「絞りとシャッタースピード」の内容の追加・修正
  • 3.4章 写真のアラインメント内、「カメラキャリブレーション」ダイアログの「固定パラメータ」、「写真-不変パラメータ」内容の見直し
  • 3.4.4章 写真のアラインメント内、仮アラインメント、本アラインメント概念の追加

購入方法

下記フォームよりお申込みください。お振込み先情報を自動メールにてご連絡致します。

製品の選択 (必須)





お申込み後、すぐに返信メールが届かない場合は、入力されたアドレスに誤りがあるか、迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があります。アドレスに誤りがある場合は再度ご入力頂くか、以下までご連絡ください。
sells@kuu-satsu.com

以上です。

テキストのコピーはできません。