RealityCaptureの使い方

シェアする

RealityCaptureトライアル(無料)

ソフトウエアは、無料でお試しする事が出来ます。以下をクリックすると数秒経過したのち、自動的にダウンロードの保存先を聞いてきますので、保存先を指定し(そのまま保存するとダウンロードフォルダに保存されます)、インストールしてください。インストールは特に注意する点はありません。

RealityCaptureダウンロード

インストール後は、以下の要領でソフトウエアをアクティベーションしてください。

  1. RealityCaptureを立ち上げます。
  2. 「Activate」をクリックします。
  3. 「Create a new account」をクリックしアカウントを作成します。もしくは、「Anonymous」でこのステップをスキップ出来ます。
  4. 「Next」をクリックします。
    PPIの詳細説明のリンクとなります。要約しますと、PPI(Pay per Input)は、入力画像データ量に応じて費用を支払うライセンスタイプであり、データをエクスポート時のみに費用が必用になります。エクスポート以外は、制限はありません。
  5. 「How does it works」の画面をいくつか、「Next」をクリックしますと、登録完了です。「Anonymous」はここで終了です。
  6. 「Create a new account」をされた場合は、以下が表示されます。
    「Active license for all users on this computer. The will be able to use your PPI plans and already licensed datasets,・・・」にチェックを入れます。
    このコンピューター上のすべてのユーザのアクティブライセンス。 PPIプランとライセンス済みのデータセットを使用できますが、PPIクレジットは使用できません。 アカウントの残高と個人情報は非公開のまま保護されます。
  7. 「I acknowledge that the  projects created with a PPI license・・・」にチェックを入れ、「Activate」をクリックする。
    ここで作成したデータは、PPI以外のライセンスタイプ(つまり永久ライセンス)では使用できないので了承してくださいという旨の内容です。

RealityCaptureの使い方

メーカのご厚意により日本語字幕で動画を見る事が出来ます。

字幕が表示されない場合は、設定(歯車マーク)の「日本語」を選択してください。
また適度な画質に変更する事で、動画内の細かなメニューも確認頂けます。

尚、動画ではよくわからない部分も含めて、パート2までの内容は、RealityCapture(UAV測量)(メインのメニューからも辿れます)にリファレンスマニュアルとしてまとめてあります。ご活用ください。

以上です。