DJI Mini 3 Pro

シェアする

DJI Mini 3 Pro

ミニ。でも、プロ

DJI – Introducing DJI Mini 3 Pro
249 g未満[1] 3方向
障害物検知
4K HDR動画
バッテリー
長時間駆動[2]
縦向き撮影 フォーカス
トラック

小さいだけとは言わせない

携帯性抜群のミニドローンDJI Mini 3 Proは、そのサイズからは想像できないほどパワフルです。重量249 g未満[1]の軽量ボディに、1/1.3インチセンサーとプロレベルの撮影機能、そして、Miniシリーズ史上最高の安全機能を搭載した、ユーザーフレンドリーで高性能なこのドローンは、今までのミニサイズドローンのイメージを覆します。

新設計で、性能アップ

Mini 3 Proは外観を一新し、いつでも最高の飛行体験を提供します。大きくなったプロペラと、航空力学に基づいた機体フォルム、強力な障害物検知システムなど、徹底的に効率性を考慮した設計により、飛行時間の増加と安全性の向上を実現しました。

ジンバル部分も再設計され、回転範囲が大きくなり、ローアングル撮影や縦向き撮影が可能になり、映像制作の幅が広がります。全ての設計にこだわり抜いた新フォルムにより、今までのミニドローンでは実現できなかった飛行体験を提供します。

折りたたんで、出発しよう

最高の瞬間を追い求め、どこにでも足を運ぶクリエイターにとって、携帯性は重要です。Mini 3 Proは249 g未満[1]で、驚くほどの軽さです。折りたたみ可能なコンパクト設計で、週末思い立ったら、すぐにでもハイキングやビーチ、どこにでも持って行けます。「撮りたい」と思った瞬間に、すぐに撮影を始められ、驚きの瞬間も逃しません。

より長く、より創造的に

Mini 3 Proのインテリジェント フライトバッテリーの飛行時間は最大34分。これは撮影ポイントを探索して、撮影までできる十分な長さです。超軽量なバッテリーなのに十分パワフルなので、撮りたい瞬間を逃しません。
ギリギリまで撮影したいという欲張りな人でも、Mini 3 Proなら大丈夫です。さらに、アップグレード版のインテリジェント フライトバッテリー Plusを使えば、最大47分の飛行時間を実現し、さらなる創造性を発揮できます[2]。

ミニなのに、驚きの画質を実現!

明るい時も、暗い時でも

旅先での撮影でも、光と影を細部まで繊細に捉えます。
また、薄暗い日暮れ時でも、ノイズを抑え、クリアに撮影します。
目の前の景色を味わいながら、Mini 3 Proを使って、あなたの感じたままをクリエイティブな映像で残しましょう。

名前通りのプロ品質

Mini 3 Proは、幅広い照度条件下で優れた性能を発揮できるため、様々な時間帯の撮影に使用できます。
デュアルネイティブISO対応の1/1.3インチCMOSセンサーを搭載し、HDR映像を直接出力できます[3] 。撮影した映像はより広いダイナミックレンジを持っているため、明暗部のディテールまで鮮明に描き出します。

ピクセルサイズは2.4μmと大きくなり、絞り値f/1.7を誇り、より多くの光を取り込めるようになったため、低照度環境下でも、忠実に色合いを再現した高品質の空撮映像を撮影できます。

これが、真の空撮クオリティ

Mini 3 Proは、4K HDR動画撮影[3]や48MP RAW写真撮影に対応し、ズームしたとしても、驚くほど細部まで鮮明に捉え、コンテンツ制作を新たなレベルまで押し上げてくれます。
また、1080p/120fpsのスローモーション動画で撮影すれば、一瞬の出来事も、ドラマチックに再現します。

鮮やかに、撮影しよう

D-Cinelikeカラーモードにより、さらに多くの視覚情報を保持できるため、色調整の幅が広がり、より柔軟に編集を行えます。

飛行中、ずっと安心

Mini3Proには、能動的な障害物検知機能や安定した映像伝送技術が搭載され、安全性が向上しているので、安心して撮影に集中することができます。

3方向障害物検知

Mini 3 Proは、Miniシリーズの中で最も高い安全性を誇るドローンです。再設計されたボディに、前方/後方/下方のデュアルビジョンセンサーを搭載し、検知範囲が広がったため、安全性が向上しています。

もちろん、APAS4.0にも対応!

高度操作支援システム(APAS4.0)[4]は、機体の飛行経路上にいる物体をリアルタイムで検知します。これによりMini 3 Proは、複雑な環境でも障害物を回避することができます。

どんな場所でも、クリアで安定した映像伝送

Mini 3 Proは、DJI O3映像伝送システムを搭載し、フラッグシップレベルの映像伝送を実現します。1080p/30fpsのライブ映像を最大12 km先[5]からでも伝送できるため、街中でも、自然の中でも、鮮明で安定したライブ映像を確認することができます。

DJI RC-N1送信機または新送信機DJI RCを使用して、応答性に優れたスムーズな飛行を体験しましょう。どちらの送信機も、120msの超低遅延で、最大動画ビットレート18Mbpsの伝送を実現します。

みんなが驚く映像を、すぐに共有

いつまでも記憶に残したい瞬間を撮影できたら、旅先からでも、すぐにシェアできます。Mini 3 Proに搭載された様々なインテリジェント機能を最大限に活用し、見る人を魅了するクリエイティブな映像を撮影しましょう。

さあ、縦向き撮影に挑戦してみよう。横向きと縦向きの切り替えは、さっとタップするだけです。新設計のジンバルカメラでは90°回転できるため、クロップ編集で画質を落とすことなく、真の縦向き映像を記録できます。この機能により、縦向き映像に対応したSNSへ、細部まで鮮明な映像を簡単に投稿できます。

マスターショット フォーカストラック ハイパープラス デジタルズーム

マスターショットは、空撮初心者にとって、まさに革命的な機能です。被写体を選択すると、あとは自動で、まるでプロパイロットがMini 3 Proを操作しているように、一連の飛行を実行しながら撮影し、シネマティックなショートビデオを作ってくれます。これでもう、この機能が大人気な理由はお分かりですよね。

パノラマ

広角、180°、垂直、スフィアといった様々なパノラマ撮影機能を搭載。壮大な景色を、まるごと撮影できます。

クイック転送

Mini 3 Proは、最大25Mbpsの高速Wi-Fiダウンロードに対応。撮影した映像をすぐに共有できます。

DJI Mini 3 Pro インテリジェント フライトバッテリー Plus[7]
インテリジェント フライトバッテリー Plusは47分の飛行時間を実現[2]。余裕を持った撮影を楽しむことができます。
2WAY 充電ハブ [7]
バッテリーを3つまでセットして、順番に充電することができる実用的な充電用アクセサリーです。送信機やスマホなどのデバイスも充電できる必須アクセサリーです。
NDフィルターセット[7]
NDフィルターセット(ND16/64/256)を使えば、異なる照度条件下でも、完璧なショットを撮影できます。
DJI RC [8]
送信機DJI RCを使って、スマホなしでドローンを操作しましょう。この軽量な送信機は内蔵スクリーンを搭載し、DJI Flyアプリがプリインストールされています。DJI RCがあれば、スマホのバッテリーがなくなる心配をせずに、飛行に集中できます。

* ご使用の前に、適用される全ての法律および規則に従って、飛行許可・承認や機体の登録手続き等を行ってください。また、飛行する前に、現地の法律および規制を確認し、厳守してください。** 制御された環境下にて、DJI Mini 3 Proの製品版モデルを使ってテストしています。実際の使用体験は、周辺環境、使用方法、ファームウェアのバージョンによって、異なる場合があります。*** 本ページに記載されている全ての動画および写真は、現地の法規制を遵守して、撮影されたものです。**** DJI Mini 3 Proは、使用前に、DJI Flyアプリを使ってアクティベーションする必要があります。***** DJI Mini 3 Proは、今後のファームウェア更新でリモートID機能の対応を予定しています。
1. 機体の標準重量(DJI Mini 3 Pro インテリジェント フライトバッテリー、プロペラ、microSDカードを含む)です。実際の製品重量は、バッチ材料や外的要因により多少異なる場合があります。一部の国と地域では、登録は不要です(日本国内では、ご使用の前に、適用される全ての法律および規則に従って、飛行許可・承認や機体の登録手続き等を行ってください)。 ご使用の前に、現地の法律および規則をご確認ください。
2. 無風時に21.6km/hの一定の速度で測定。DJI Mini 3 Pro インテリジェント フライトバッテリーを使用すると、最大約34分の飛行が可能です。インテリジェント フライトバッテリー Plus(別売。一部の国では使用不可)を使用する場合、最大47分の飛行時間を実現しますが、機体は249 gより重くなります。
3. HDR動画撮影では、30fps以上のフレームレートでの録画には対応していません。
4. APAS 4.0は、次の条件での動画撮影では使用できません:4K/48fps、4K/50fps、4K/60fps、2.7K/48fps、2.7K/50fps、2.7K/60fps、1080p/120fps。
5. FCCに準拠し、障害物がない開けた屋外で測定。(日本の場合、最大8 km)
6. フォーカストラックは次の条件での撮影では使用できません:4K/48fps、4K/50fps、4K/60fps、2.7K/48fps、2.7K/50fps、2.7K/60fps、1080p/48fps、1080p/50fps、1080p/60fps、1080p/120fps。
7. 別売になります。国・地域によっては、ご利用になれない場合があります。
8. DJI Mini 3 Pro(DJI RC付属)を購入する必要があります。

スペック