Agisoft Metashape

Metashapeの概要

Agisoft社のMetashapeは、MVS(Multi-View Stereo)/SfM(Structure from Motion)を用い、静止画画像からカメラの撮影位置や角度を推定し、複数の画像から共通の特徴点を点群データとして三次元形状を復元する世界シェアNo1の点群ソフトウエアです。

その用途は、UAVを使用した写真測量、構造物の点検、3次元設計データへの利用、文化遺産の保存など多義にわたります。

下図は、復元した対象物と、それを撮影したカメラ位置(青い四角)を表しています。構造物の復元を行う場合は、図のように構造物の周りを撮影し、各写真はオーバラップ(重複)するように撮影します。Metashape 3Dmodeling

UAV測量の場合は、規定のオーバラップ率や地上画素寸法を守り、真俯瞰撮影を行います。Metashape alignment

復元した点群データにMetaデータ(長さや幅、高さなどの数値情報)を持たせるには、JPEGのXMP内にGPSの座標が入っているか、Ground Control Position(GCP)、いわゆる標定点等の設定が必要です。Metaデータを持つことが出来るのはProfessionalライセンスのみとなります。

また、RTK搭載ドローンの場合、高度は楕円体高で扱われますが、i-constructionや測量など多くは標高で扱います。弊社のジオイドモデルを組込み、変換操作を行う事で楕円体高から標高へ2~3クリックで変換可能です。他社様ではサポート出来ない部分です。

Metashape2.0の新機能

Metashapeのカタログ

20230626_Metashape20_catalog_rev1_2-1

弊社技術サポート

ライセンスを購入された約3割の方がUAV測量にて精度が出ないとお悩みになられます。原因は、ドローン機材の不具合(RTKの問題)、Metashapeの設定、後処理ソフトウエアの設定など原因は様々であり、運悪くこのような問題にぶつかりますと、初めての方は何が悪いのか解決できずに終わってしまいます。

技術サポートは、ライセンスご購入時のみ¥35,000/年(税別)でご加入頂けます。技術サポートに加入しますと、メールベースサポートに加えて、今までのサポート内容をまとめたMetashapeサポートを閲覧することが出来ます。

弊社購入特典

日本語マニュアルが付属します。Version 2.x.xまで無料ダウンロード可能です。

関連製品

目的・用途別でご選択ください。不明な場合は、目的をご連絡頂ければご提案いたします。

お試しライセンス

1カ月間、無料で機能制限なしにソフトウエアを使用する事が出来ます。お試し頂く事を推奨いたします。
Metashapeトライアルライセンスをご利用ください。

お見積り・問い合わせ

下記フォームよりお申込みください。お見積書、ご不明な点をすぐにメールにてご連絡致します。
(*は必須項目です)









    *〒

    *都道府県

    *市区町村以降の住所

    *電話番号(半角)

     


     

    確認画面は表示されませんので、上記内容にて宜しければチェックを入れてください。

    以上です。

    error: Content is protected !!