Matrice 30シリーズ

シェアする

Matrice 30シリーズ

DJI Enterprise – Introducing the DJI M30 Series

全てを捉える独自の空撮性能

過酷な環境を耐え抜く信頼性

どこにでも持ち運べる携帯性

さあ、それらを駆使して新たな挑戦へ

次世代の業務用ドローン

MATORICE 30 MATORICE30T

パワフルな飛行性能
パワーと携帯性を兼ね備え、オペレーション効率をアップ

41分
最大飛行時間
15m/s
風圧抵抗
7000m
運用限界高度(海抜)
23m/s
最大飛行速度


優れた環境適応性
保護等級IP55の性能を誇るM30は、-20℃~50℃の環境で動作でき、悪天候でも業務を円滑に実行します。
 
安全性と信頼性
デュアルビジョンセンサーとToFセンサーを、機体の6側面全てに搭載し、ミッション中の安全性を確保します。また、有人航空機が付近を飛行している場合、内蔵のADS-Bレシーバーが速やかに警告を発します。
冗長化システムでいつでもバックアップ
高度な冗長化システムが内蔵されているため、予想外の事が発生したとしても、重要なミッションを中断することなく遂行できます。
より技術強力な伝送
機体には4つの内蔵アンテナが搭載され、OcuSync 3 Enterprise (O3 Enterprise)に対応し、3チャンネルでの1080p映像伝送が可能です。複雑な環境下でも、伝送された映像の切り替えがスムーズに行なえます。DJIセルラーモジュールを使うと、接続性が強化されます。
オプションの4Gドングル4を使うことにより、複雑な環境や遠隔操作が必要な環境でも、安定した映像を伝送することができます。
軽量で優れた携帯性
M30シリーズは、コンパクトで折りたためるので、容易に収納、持ち運び、セットアップすることができます。

 

必要なデータを全て取得
M30シリーズは、広角カメラ、ズームカメラ、サーマルカメラ(M30Tのみ)、レーザー距離計を搭載。これらを駆使し、いつでも必要なデータを取得することができます。
高画質で撮影
 
夜間飛行
 
スマート低照度写真
 
RGB
 

赤外線画像
 
レーザー距離計

今までの常識を覆す、飛行操作性

 


 業務用ドローンパイロットのための設計
7インチのワイド画面を搭載した新送信機DJI RC Plusは、デュアル制御モードに対応 

業務用としての堅牢性保護等級IP54
防水性&防塵性-20°C ~ 50°C
灼熱な環境から極寒の環境まで、
広い動作環境温度

安定性と駆動時間がともに向上

4アンテナ内蔵の
OcuSync 3 Enterprise
安定した映像伝送技術と取り外し可能のデュアルアンテナ技術により、カバー範囲が広がりました。
DJIセルラーモジュール4
DJIセルラーモジュールを取り付けると、OcuSync 3 Enterprise伝送に加え、4Gネットワークも利用できます。
バッテリー長時間駆動
内部バッテリーと外部バッテリーにより、6時間のバッテリー駆動時間を達成。バッテリーのホットスワップ交換にも対応しているため、作業を長時間中断することなく、スムーズなドローン業務を実現します。
 

新DJI Pilot 2アプリ
再設計されたドローン業務用アプリで、作業効率や飛行安全性が向上します

画面デザインを一新

タップするだけで、簡単にドローンやペイロードを制御できます。飛行に関する詳細やナビゲーション情報が分かりやすく表示されるため、操作性と飛行効率がアップします。

人間工学に基づいたデザインで、安全性と効率性を向上

DJI Pilot 2は、DJI RC Plusではシームレスに使用することができます。画面横にあるボタンやカスタムボタンは、全て指が届く範囲内に配置され、カメラビューを調整したり、ピンポイントを設定したりといった操作が迅速に行えます。

ナビゲーション表示

最適化された画面には、ホームポイント、ピンポイント、周辺の障害物などが表示され、安全性を確保するとともに、包括的な状況認識を実現します。

DJI FlightHub 2

地上とクラウドの連携

ミッション環境の把握
FlightHub 2は、2.5Dベースマップを使って素早く地形情報を提供します。また、ワンタッチでパノラマ画像を作成し、現場の全体像を迅速に捉えることができます。さらに、クラウドマッピング機能を使えば、素早くRGBマップまたは赤外線マップを生成します。
ミッションをライブ配信
低遅延かつ高解像度でのライブ配信機能により、複数のユーザーが1つまたは複数のドローンオペレーションに同時アクセスできるため、最新の進捗状況を常にチームで共有することができます。
ライブアノテーション
対象物やエリアをハイライト表示して、効率的なミッション管理とリソースの割り当てを行います。アノテーションは、地上チームやパイロットなど、どのチームメンバーからも確認できるため、プロジェクトやタスクの割り当てをタイムリーに調整できます。
合理的なチーム
コミュニケーションチームの位置やドローンの状態、ミッション詳細などの重要な情報を、様々な種類のデバイス上でリアルタイムに共有できるため、チーム間の連携が今まで以上に容易になります。

高度インテリジェント機能

ルート計画とミッション管理
FlightHub 2で計画した飛行ルートとミッションは、簡単にDJI Pilot2に同期することができます。オペレーションデータは、FlightHub 2のメディアファイルに自動的にアップロードされ、一括して管理・分析されます。
スマート点検
アップグレードしたライブミッション記録機能を使えば、最適化されたユーザーインターフェースで、タスク記録や目標点のマーキングを簡単に行え、通常の作業ステップの90%を省略できます。ウェイポイントミッション中に、ジンバル角度や写真設定を調整することができるため、飛行や作業の効率性が向上します。
標準パッケージ
Matrice 30シリーズ(M30またはM30T)には、DJI RC Plus、TB30インテリジェント フライトバッテリーが2つ、BS30インテリジェント バッテリーステーションが1つ、機体の収納ケースが同梱されます。
 
M30パッケージ M30Tパッケージ

 

BS30 インテリジェント
バッテリーステーション
スマートで携帯性抜群のバッテリーステーションは、ミッションの用途に合わせた複数の充電モードに対応しています。TB30 インテリジェント フライトバッテリーを4組とRC Plusバッテリーを1組充電でき、1度に1組ずつ充電し、1組をバッテリー残量20%から90%まで充電するのにかかる時間はわずか30分程度です。
TB30 インテリジェント
フライトバッテリー
TB30 インテリジェント フライトバッテリーは、低温環境でも性能を発揮できるように自己発熱機能を搭載しています。また、バッテリーのホットスワップ交換が可能なため、迅速に作業を再開できます。さらに、充電サイクルが400回10と高く、作業効率が向上します。
DJIセルラーモジュール4
DJIセルラーモジュールを使えば、4G伝送を利用してドローンと送信機を接続できます。また、送信機を介したインターネット接続も可能になります。

 

 
ユーザーデータの安全性
 
SDカードの
AES暗号化対応
ローカルデータ
モード
ワンタップで、全デバイスのデータ削除 AES-256bit暗号化技術を使った映像伝送 クラウドAPI

 

Matrice 30シリーズ スペック