DJI MATRICE 30 シリーズ スペック

シェアする

スペック

機体

サイズ(展開時。プロペラは含まない) 470×585×215 mm(長さ×幅×高さ)
サイズ(折りたたんだ状態) 365×215×195 mm(長さ×幅×高さ)
対角ホイールベース 668 mm
重量(バッテリー2個含む) 3770 ± 10 g
最大離陸重量 3998 g
動作周波数[1] 2.4000〜2.4835 GHz、5.725〜5.850 GHz
(日本国内では、5.8 GHz帯は使用不可)
伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<33 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本)) 5.8 GHz:<33 dBm (FCC/SRRC)、<14 dBm (CE)
ホバリング精度(無風または微風) 垂直:±0.1 m(ビジョンシステム有効時)、±0.5 m(Nモード、GPSあり)、±0.1 m(RTK) 水平:±0.3 m (ビジョンシステム有効時)、±1.5 m(Nモード、GPSあり)、±0.1 m(RTK)
RTK測位精度(RTKが有効でFIXステータスの場合) 1 cm+1 ppm(水平) 1.5 cm+1 ppm(垂直)
最大角速度 ピッチ:150°/s、ヨー:100°/s
最大傾斜角度 35°(Nモード時および前方ビジョンシステム有効時:25°)
最大上昇速度/最大下降速度 上昇:6 m/s、下降:5 m/s
最大下降速度(チルト) 7 m/s
最大水平速度 23 m/s
運用限界高度(海抜)
(他のペイロードなし)
5000 m(1671プロペラ使用時) 7000 m(1676プロペラ使用時)
最大風圧抵抗 15 m/s 12 m/s(離着陸中)
最大ホバリング時間[2] 36分
最大飛行時間[2] 41分
モーター型式 3511
プロペラ型式 1671 1676 高地用(非同梱)
保護等級[3] IP55
GNSS GPS+Galileo+BeiDou+GLONASS (GLONASSは、RTKモジュールが有効になっている場合にのみ対応)
動作環境温度 -20℃〜50℃

ジンバル

角度ぶれ範囲 ±0.01°
操作可能範囲 パン:±90° チルト:-120°〜+45°
機械的可動範囲 パン:±105° チルト:-135°〜+60° ロール:±45°

ズームカメラ

センサー 1/2インチCMOS、有効画素数:48M
レンズ 焦点距離:21〜75 mm(35 mm判換算:113〜405 mm)
絞り:f/2.8-f/4.2 フォーカス:5 m〜∞

広角カメラ

センサー 1/2インチCMOS、有効画素数:12M
レンズ DFOV:84° 焦点距離:4.5 mm(35 mm判換算:24 mm)
絞り:f/2.8フォーカス:1 m〜∞

サーマルカメラ

サーマル撮像素子 非冷却VOxマイクロボロメータ
レンズ DFOV(対角視野):61° 焦点距離:9.1 mm(35 mm判換算:40 mm)
絞り:f/1.0 フォーカス:5 m〜∞
赤外線温度測定の精度[4] ±2°Cまたは±2%(大きいほうの値を使用)

FPVカメラ

解像度 1920×1080
DFOV(対角視野) 161°
フレームレート 30 fps

レーザーモジュール

波長 905 nm
最大レーザー出力 3.5 mW
シングルパルス幅 6 ns
測定精度 ± (0.2 m + D×0.15%) Dは垂直表面までの距離
測定範囲 3~1200 m(0.5×12 mの垂直反射面、反射率20%)

ビジョンシステム

障害物検知範囲 前方:0.6〜38 m 上方/下方/後方/側方:0.5~33 m
FOV 65° (H)、50° (V)
動作環境 地表の模様が明瞭で、充分な照度条件下 (> 15 lux)

赤外線検知システム

障害物検知範囲 0.1 ~ 10 m
FOV 30°

TB30インテリジェントフライトバッテリー

動作環境 大型で拡散反射する物体(反射率>10%)
容量 5880 mAh
電圧 26.1 V
バッテリータイプ LiPo 6S
電力量 131.6 Wh
正味重量 約685 g
動作環境温度 -20℃〜50℃
保管環境温度 20℃〜30℃
充電温度範囲 -20℃〜40℃ (温度が10°C未満の場合、自己発熱機能が自動的に有効になります。低温状態での充電は、バッテリーの寿命を短くする恐れがあります)
材料 LiNiMnCoO2

補助ライト

有効照明距離 5 m
照明タイプ 60 Hz、点灯

送信機

画面 7.02インチ LCDタッチ画面、解像度1920×1200ピクセル、高輝度1200 cd/m2
内部バッテリー 種類:Li-ion (6500 mAh @ 7.2 V) 充電タイプ:バッテリーステーション、もしくは最大定格電力65WのUSB-C充電器(最大電圧20V) 充電時間:2時間
材料:LiNiCoAIO2
外部バッテリー(WB37インテリジェントバッテリー) 容量:4920 mAh 電圧:7.6 V バッテリータイプ:Li-ion 電力量:37.39 Wh 材料:LiCoO2
動作時間[5] 内部バッテリー:約3時間18分 内部バッテリー + 外部バッテリー:約6時間
保護等級[3] IP54
GNSS GPS+Galileo+BeiDou
動作環境温度 -20℃〜50℃

O3 Enterprise

動作周波数[1] 2.4000~2.4835 GHz、5.725~5.850 GHz(日本国内では、5.8 GHz帯は使用不可)
最大伝送距離
(障害物、電波干渉のない場合)
15 km (FCC)、8 km (CE/SRRC/MIC(日本))
最大伝送距離 強い干渉(都市部の景観、限られた視界、競合する信号が多い):1.5~3 km (FCC/CE/SRRC/MIC(日本)) 中程度の干渉(郊外の景観、開けた視界、競合する信号が少しある):3~9 km (FCC)、3~6 km (CE/SRRC/MIC(日本)) 弱い干渉(開放的な景観、完全に開けた視界、競合する信号が少ない):9~15 km (FCC)、6~8 km (CE/SRRC/MIC(日本))
伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<33 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本)) 5.8 GHz:<33 dBm (FCC)、<14 dBm (CE)、<23 dBm (SRRC)

Wi-Fi

プロトコル Wi-Fi 6
動作周波数[1] 2.4000〜2.4835 GHz、5.150〜5.250 GHz、5.725〜5.850 GHz
(日本国内では、5.8 GHz帯は使用不可)
伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<26 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/ SRRC/MIC(日本)) 5.1 GHz:<26 dBm (FCC)、<23 dBm (CE/ SRRC/MIC(日本)) 5.8 GHz: <26 dBm (FCC/SRRC)、<14 dBm(CE)

Bluetooth

プロトコル Bluetooth 5.1
動作周波数 2.4000〜2.4835 GHz
伝送電力 (EIRP) < 10 dBm

BS30 インテリジェント バッテリーステーション

サイズ 353×267×148 mm
正味重量 3.95 kg
対応しているバッテリータイプ TB30インテリジェント フライトバッテリー WB37 インテリジェント バッテリー
入力 100~240 V AC、50/60 Hz
出力 TB30バッテリーポート:26.1 V、8.9 A(最大2つの出力を同時にサポート) WB37 インテリジェントバッテリー:8.7 V、6 A
出力電力 525 W
USB-Cポート 最大出力電力:65 W
USB-Aポート 最大出力電力:10 W (5 V、2 A)
消費電力(バッテリーを充電していない時) < 8 W
出力電力(バッテリーのウォーミングアップ時) 約30 W
動作環境温度 -20℃~40℃
保護等級[3] IP55(カバーをしっかりと閉じた状態)
充電時間[6] 約30分(TB30バッテリーを20%から90%まで充電) 約50分(TB30バッテリーを0%から100%まで充電)
保護機能 逆流防止保護 短絡保護 過電圧保護 過電流保護 温度保護

[1] 5.8 GHz帯と5.1 GHz帯の周波数帯は、一部の国では使用が禁じられています。また、5.1 GHz周波数帯の使用が、屋内でのみ利用可能な国も一部あります。
[2] 最大飛行時間と最大ホバリング時間は、ラボ環境下にて測定された値で、あくまで参考用です。
[3] この保護等級は恒久的なものではなく、長期間使用することで時間とともに効果が減衰することがあります。
[4] 赤外線温度測定の精度は、ラボ環境下でテストしたもので、あくまで参考値です。
[5] 最大動作時間は、ラボ環境下で測定された値で、あくまで参照値です。
[6] 充電時間は室温のラボ環境下でテストしたものです。ここで記述された値は参考値です。
※記載の数値に誤差が生じる場合があります。
※製品の仕様は予告なく変更になる場合があります。