RealityCapture

RealityCapture

概要

Capturing Reality社のRealityCaptureのご紹介です。

本ソフトウエアは、規則的に撮影された重複写真からSfM-MVS技術を用い、共通点や撮影時のカメラの距離、角度を推定し、3Dモデルを作成する点群ソフトウエアです。

RealityCaptureの大きな特徴は、処理が非常に高速で、ドローンの画像だけではなくレーザースキャンデータも処理する事が可能であり、完全に自動的で精巧な点群データを作る事ができます。また、もう一つの大きな特徴として、たとえば、建物の外部と内部をシームレスにモデリングする事が可能です。下記実施例(テーブル右下の「ドローン写真+レーザ」)をご確認ください。

また他の点群ソフトと同様、仮想現実シーン、テクスチャ3Dメッシュ、正投影、ジオリファレンスマップなどを生成する事ができます。

海外製品ですが、弊社はこれまでの点群ソフトウエアのノウハウを生かし、RealityCaptureのライセンス販売と技術サポートを致します。尚、次のバージョンでは、メニューとヘルプが日本語化される予定です。マニュアルは別途存在しないため、ヘルプが全てになります。

License Type・Features

PPIは、入力画像のデータ量に応じてライセンス費用が発生します。

PGM及びCLIは、1カ月単位でのライセンス費用になります。PGMのみ永久ライセンスもあります。永久ライセンスは、2年目より25%のメンテナンスfeeが必用です。

ENTは、永久ライセンスになります。2年目より25%のメンテナンスfeeが必用です。

PPI PGM CLI ENTERPRISE
ライセンス形態 入力画像データ量に応じて 1Month/永久
1Month 永久
ライセンス費(単位ユーロ) 19,9 €/8,000Mpxまで 248 €/月額
4,000 €/永久
750 €/月額 15,000 €/永久
メーカ技術サポート 1年目無料 1年目無料
無料アップデート 1年目無料 1年目無料
入力無制限 Max3500
Max200Mpx/image
レーザスキャン加工 不可
三角メッシュ
カスタムメッシュ
UVマップのインポート
カラーリング/テクスチャリング
コントロールポイント
ジオリファレンス
自動マーカ検出
オルソ写真/ッピング
コマンドラインインタフェース 不可 不可
フローティング(*) レ 
レ 

*永久ライセンスでフローティングを使用するには、メンテナンスfee(1年目は無料)が必要です。

弊社では、基本的には永久ライセンス及び1Monthタイプは12カ月(1年)から取り扱います。PPIはご相談ください。

対応フォーマット

Export

・Wavefront obj(*.obj)
・Polygon File Format(*.ply)
・XYZ Point Cloud(*.xyz)
・Alembic(*.abc)
・Binary GL Transmission Format(*.glb)
・Laser Point Clound(*.ptx)
・LAS Point Cloud(*.las)
・List of visible parts(*.partList)
・Just textures
・Autodesk’s file format(*.fbx)
・AutoCAD DXF(*.dxf)
・Collada DAE(*.dae)

Import

Wavefront obj(*.obj)
・Autodesk’s file format(*.fbx)
・AutoCAD DXF(*.dxf)
・Collada DAE(*.dae)

実施例

(動画)ドローン写真+レーザスキャン (動画)10万枚写真を1つのPCで生成
(3Dモデル)4000枚の写真から生成
Created in Reality Capture
(3Dモデル)ドローン写真+レーザスキャン
Created in Reality Capture

トライアル

RealityCaptureを無料でお試しする事ができます。

お問い合わせ・ご注文

RealityCaptureライセンス 見積もり依頼

購入したいクレジット
購入したい期間
購入したい期間








確認画面は表示されませんので、上記内容にて宜しければチェックを入れてください。