RealityCapture

シェアする

RealityCapture

RealityCapture概要

Capturing Reality社のRealityCaptureのご紹介です。

本ソフトウエアは、規則的に撮影された重複写真からSfM-MVS技術を用い、共通点や撮影時のカメラの距離、角度を推定し、3Dモデルを作成する点群ソフトウエアです。

また他の点群ソフトと同様、仮想現実シーン、テクスチャ3Dメッシュ、正投影、ジオリファレンスマップなどを生成する事ができます。UAV測量での精度に関しては、問題無い事を弊社でも確認しました。

海外製品ですが、弊社はこれまでの点群ソフトウエアのノウハウを生かし、RealityCaptureのライセンス販売と技術サポートを致します。

メニューとヘルプ(一部)は日本語化されております。マニュアルは、別途存在しないため、ヘルプが全てになります。

RealityCaptureのライセンス種類

2021年4月よりライセンス形態が大きく変更となりました。

(1)ENTERPRISE(永久版)

(2)PPIは、入力画像のPixcel数に応じてエクスポート時のみにライセンス費用が発生します。

PPI(Pay-per-input) ENTERPRISE
ライセンス形態 入力画像データ量に応じて 永久
ライセンス費 *1 3,500 PPI / 10 USD *1
8,000 PPI / 20 USD *2
3,750 USD
インポート 写真/動画
インポートレーザスキャン
写真とレーザのマージ
三角メッシュ
カスタムメッシュ
UVマップのインポート
カラーリング/テクスチャリング
コントロールポイント
ジオリファレンス
自動マーカ検出
オルソ写真/マッピング
DSM/DTM生成
距離、面積、体積の測定
コマンドラインインタフェース(CLI)

*1 3,500 PPIは、14,000MPixまで処理出来ます。例:2000万画の場合700枚まで処理可能。
*2 8,000 PPIは、32,000MPixまで処理出来ます。例:2000万画の場合1,600枚まで処理可能。

弊社では、ENTERPRISE(永久)ライセンスのみ扱えます。PPIは、代理店では扱えずベンダーのオンライン決済のみとなります。

ソフトウエア保守・サポート料に関しては、当面無料になります。但し、現在Ver.1.1.1ですが、2.x.x以降への更新をお約束するものではない という事です。

弊社購入特典:リファレンスマニュアル付属します。

RealityCaptureの仕様

詳細は、データシートをご参照下さい。

宜しければ、こちらもご確認ください。点群ソフトの比較・お勧め

Export

低密度、高密度クラウド XYZ、LAS、PTX
標準形式モデルエクスポート OBJ、FBX、PLY、ABC、GLB、STL、3MF、DXF、DAE

Import

画像 JPEG, PNG, TIFF, EXR, WEBP, BMP, DNG,RAW(ドライバーがインストールされた全てのカメラ)
ビデオ MPEG, AVI, ASF, QT, MOV, VMW
レーザスキャン PTX, E57, PLY, ZFS 及び ZFPRJ
3Dモデル OBJ, FBX, DXF, DAE
その他 ライカ BLK3D画像グループの立体画像

RealityCaptureの実施例

(動画)ドローン写真+レーザスキャン (動画)10万枚写真を1つのPCで生成
(3Dモデル)4000枚の写真から生成
Created in Reality Capture
(3Dモデル)ドローン写真+レーザスキャン
Created in Reality Capture

RealityCaptureのトライアルライセンス

RealityCapture無料でお試しする事ができます。

RealityCaptureのお見積り・お問い合わせ

    RealityCaptureライセンス 見積もり依頼










    *〒

    *都道府県

    *市区町村以降の住所


    確認画面は表示されませんので、上記内容にて宜しければチェックを入れてください。