シェアする

高低差の大きい場所でのUAV測量方法2(必用な機材)

シェアする

高低差が大きい場所でのUAV測量方法の2回目になります。

正確なDEMを元にUAV測量の飛行プランを作成

前回、UgCS clientを利用する事で、グーグルアースベースの地表面に沿って飛行コースを設定できることをご紹介致しました。しかし、グーグルアースの高度データは、割と正しいところもあれば、かなり誤差が大きいところもあります。また地表面は日々状況が変化していきます。

ある程度事前に確認する事でグーグルアースベースで実行できる部分は多いとは思いますが、起伏の激しいところでは不安になります。その対策として、ファントム4RTKなどであらかじめラフに撮影した写真から正確なDEMデータを作成し、UgCS clientに取り込み、そのエレベーションデータに基づき、UAV測量基準のオーバラップと地上解像度1cm以下の飛行コースを設定する事が出来ます。

下図は、高低差が大きな所ではありませんが、分かりやすくするため冬に撮影した写真のオルソとDEMをインポートした図です。UgCS MapperにてDEM(.tiff)とオルソ(.tiff)を作成しています。UgCS Client写真測量の飛行プランも地上解像度1cmで設定してみました。

UgCS clientは、ArcASCII、GeoTiff、SRTM形式をサポートしています。 インポートされたDEMのすべての高度は、WG84楕円体として想定されます。現在、他の垂直データムはサポートされていません。

必用な機材

DJIのファントム4RTK SDK送信機をお持ちの方は、UgCS client + UgCS Mapperを使用する事で精度の良いDEMを使用し、かつRTKによる精密飛行をすることが出来ます。

注)P4RTK SDKに対応したUgCS Clientは近くリリース予定ですが、まだ正式リリース日はアナウンスされていません(2020.06.18時点)
→2020年8月リリースのVer3.7にて、P4RTKシリーズ対応致しました。

また、現在検証中ですが、Metashapeをお持ちの方は、UgCS Mapperを使用しなくとも、DEMやオルソの作成は可能です。ただ、UgCS Mapperを使用する場合は、同じ会社の製品ですので、手間がほとんどかからず下図のように5クリックで、写真の指定からDEM/オルソの作成からUgCS clientへの登録まで終了します。ネットワークに接続しなくともオフラインで処理可能ですので、現場で即実行できます。

Metashapeを使用する場合は、写真を指定→低密度アライメント→高密度アラインメント(高密度は必ずしも必要ありません)→DEM処理→オルソ処理→それぞれエクスポート→UgCS ClientのMapLayersのMap及びElevationでそれぞれを指定と手順が多いです。検証中ですが、垂直データムもケアする必要があります。

UgCS Mapperは、大きな金額ではないので、コストと現場での手間とのバランスで決まるかと思います。

尚、本記事は、P4RTK SDK送信機を前提で記載しましたが、SDKではない通常のRTKでラフ撮影しDEMを作成する事は可能ですし、そのDEMをベースにコース設定後、RTK付きではないドローンなどで飛行する事も可能です。その場合、精度の担保は、評定点が必用になりますが、高低差の大きい場所での飛行という意味では、P4RTK SDKに限定されません。一つだけ前提としては、ドローン搭載の単一GPSの誤差による衝突はご注意ください。

続きます。以上です。