UgCSのバックアップ方法

UgCSを使用中に、不意なPCのシャットダウン(ブルー画面)が発生すると、UgCSのDBが破壊され、UgCSは立ち上がらなくなります。Ver3.3では、このDBの破壊を防ぐ修正が入りましたが、万が一発生した場合に備えて、以下のデータをバックアップをお勧めいたします。

C:\Program Files (x86)\UgCS\server\ucs\ucs.properties
C:\Program Files (x86)\UgCS\bin\
C:\Users[USER_NAME]\AppData\Local\UGCS\configuration\
C:\Users[USER_NAME]\AppData\Local\UGCS\db\

UgCSがクラッシュした時、これらのディレクトリを復元する事によって、バックアップの日付の状態にアプリケーションを復元します。

遠くの現場で撮影がある場合は、前の夜にバックアップしておくことをお勧めいたします。

以上です。