UAV測量講座 DJI Ground Station Pro日本語マニュアル

DJI Ground Station Pro マニュアルV1.0(2017.01)を日本語にてまとめてみました。
内容に関する事故、破損等の責任は負えませんので、各自の責任においてご参照ください。

機体を接続する

  1. Phantom 4シリーズ、Inspire 2またはMavic Proを使用する場合:飛行モードをPモードに切り替え、DJI GO / DJI GO 4アプリを使用している場合と同様に機体をDJI GS Proに接続します。
  2. Phantom 3シリーズ、Inspire 1、Matriceシリーズ、N3、またはA3シリーズを使用する場合:飛行モードをFモードに切り替え、DJI GOアプリを使用している場合と同様にDJI GS Proに機体を接続します。

ミッションタイプ

バーチャルフェンス

バーチャルフェンスは、特定の飛行領域を定義し、サイトの一部の領域が飛行禁止区域である場合や、マニュアルの農薬散布や飛行訓練のような1つの区域内でのみ飛行を行う場合に役立ちます。 機体がバーチャルフェンスの境界に近づくにつれて遅くなりホバリングし、飛行領域内にとどまるようになります。

計測撮影

DJI GS Proは、ユーザが必要な飛行エリアとカメラパラメータを設定した後、自動的に効率的な飛行経路を生成します。 その後、機体はミッションを通じてこのルートに従います。 これらのフライト中に取得された画像データは、3D復元ソフトウェアに入力して3Dマップを生成することができます。

ウェイポイントフライト

ウェイポイントの飛行経路を設定し、ウェイポイントのアクションを定義し、タップして飛行を開始します。

DJI GS Proインタフェース

  1. 機体/フライトコントローラ接続:
    DJI GS Proと機体またはフライトコントローラ間の現在の接続ステータスを表示します。
  2. フライトモード:
    現在の機体の飛行モードを表示します。
  3. GNSS信号強度:
    現在のGNSS信号強度と接続されている衛星数を表示します。
  4. 送信機の信号強度:
    送信機信号の強さを表示します。
  5. カメラモデル:
    使用されているカメラモデルとビデオダウンリンクの強度を表示します。
  6. バッテリレベルインジケータ:
    DJIインテリジェントフライトバッテリを使用している場合、残りの飛行時間を動的に表示します。 赤色のゾーンは非常に低いバッテリレベルを表します。
  7. 機体のバッテリレベル79%(24.48V):
    DJIインテリジェントフライトバッテリを使用している場合は、現在のバッテリレベルとバッテリ電圧を表示し、他のバッテリを使用している場合は現在のバッテリ電圧を表示します。
  8. iPadバッテリレベル:
    iPadの現在のバッテリ残量を表示します。
  9. 一般設定
    コンパスのキャリブレーション、スティックモード、測定ユニットの設定、使用条件をタップします。ヘルプをタップすると、アプリまたはフライトコントローラのバージョン、使用方法を表示します。
  10. 飛行の準備/ミッションの一時停止/ミッションの再開/ミッションの終了
    飛行の準備:パラメータを設定した後、タップしてチェックリストに入ります。
    ミッションの一時停止:計測撮影またはウェイポイントフライトミッション中にタップすると、ミッションが一時停止します。 詳細なアクションのメニューが表示されます。
    ミッションの再開:ミッションを一時停止した後、ミッションを編集しこのボタンをタップします。 ミッションの再開や別の操作を実行するためのメニューが表示されます。
    ミッションの終了:フェンスを無効にして、バーチャルフェンスミッションを終了します。
  11. 回転ロック:
    回転はデフォルトでロックされています。つまり、地図表示はiPadの回転に追従せず北が一番上に表示されます。 ミッション編集中に回転ロックボタンをタップするとロックが解除され、地図の表示がiPadの回転に追従します。
  12. 地図モード:
    タップすると、標準地図、衛星地図、またはハイブリッドマップに切り替わります。
  13. ロケーション:
    タップするとiPadの位置を中心に地図を配置します。
  14. 新規ミッション:
    新規ミッションをタップしてミッションタイプとウェイポイントの設定方法を選択します。 詳細は、ミッションの作成を参照してください。
  15. ミッションを編集:
    ミッションリスト内の1つのミッションを選択後、このボタンをタップしパラメータ設定を入力します。
  16. ミッションリスト:
    利用可能なミッションを表示します。 すべてのミッションを表示するか、タイプ別にソートし、ミッションをタップして選択します。 編集ボタンが画面の右下に表示されます。 ミッションをコピーまたは削除するには、左にスワイプして適切なオプションを選択します。 リストの右側にある矢印をタップすると、折りたたまれたり展開されたりします。
  17. スケール:
    地図の現在の縮尺を表示します。
  18. 戻る:
    タップするとメインメニューに戻ります。

ミッションの作成

  1. 新規ミッション
    画面の右下にある「新規ミッションボタン」をタップします。
  2. ミッションタイプの選択
    適切なミッションタイプを選択します。
  3. ポイント設定方法を選択
    バーチャルフェンス境界、計測撮影、またはフライトウェイポイントを設定するには、2つの方法があります。 ウェイポイントミッションには最大99のウェイポイントを設定でき、他のミッションには制限はありません。
    地図上指定: 地図をタップしてウェイポイントを作成します。 バーチャルフェンスまたは計測撮影で一度地図をタップすると、そのポイントの周りに矩形のフライトゾーンが作成され、ウェイポイントミッションでタップすると、1つのウェイポイントが作成されます。 任意の点をタップして選択すると、白から青に変わります。 地形または飛行経路を変更するには、ポイントをドラッグします。 ポイントを追加するには、地図上のをドラッグします。 選択したポイントを削除するには、パラメータ設定領域の左下隅をタップします。
    機体位置で指定: バーチャルフェンスまたは、計測撮影のミッションまたは、ウェイポイントミッションのウェイポイントに境界ポイントとして位置を設定するには、機体を希望の位置に移動します。機体の現在の位置を境界ポイントまたは、ウェイポイントとしてをタップし設定します。 最後のポイントを削除するには、「設定」 ボタン下の をタップします。 必要なポイントを全て設定したらをタップします。 フライトエリアは、ポイントが設定された順番に従って生成されます。


    !! ポイント設定の順序に従って生成された領域は、交差もしくは飛行領域を生成することはできません。 DJI GS Proは、ポイントを使用して飛行エリアを生成できるかどうかを決定します。そうでない場合、「完了」ボタンはグレー表示され、タップすることはできません。


  4. パラメータ設定
    パラメータ設定リストで各項目を設定し、完了したら画面の左上隅にある「保存」ボタンをタップします。 詳細については、パラメータ設定の紹介を参照してください

ミッションの実行

プリフライトチェックリスト

ミッションリストでミッションを選択し、「編集」をタップし画面の右上にある「飛行準備」をタップします。 すべての項目が緑色になるまで、表示されたチェックリストに従って機体をチェック調整します。全てが緑色になれば、離陸が許可されていることを示します。 黄色のアイテムは調整が必要ですが離陸できます。 全てのアイテムが緑色である場合のみ飛行することを強くお勧めします。

フライト開始

準備ができたら、チェックリストの一番下にある「飛行開始」をタップします。 機体の動作は、そのミッションによって異なります。 機体ステータスバーには、現在の機体のステータス、ミッションの進行状況などが表示されます。

バーチャルフェンス

開始後、機体の緯度、経度または高度がフェンス境界の外にある場合、iPad上に視覚的および音声的なプロンプトが表示されます。 この時点でバーチャルフェンスは無効になり、機体は自由に飛行することができます。 バーチャルフェンスは、機体がフェンス境界に入ると自動的に有効になります。 機体がフェンス内部もしくは、境界に近づくとホバリングし、オーディオプロンプトがiPadから鳴ります。

計測撮影/ウェイポイントフライト

開始後、機体は自動的にスタートポイントに飛行します。

ミッションの一時停止

計測撮影またはウェイポイントフライトミッションの間、ミッションを一時停止するには画面の右上にある「ミッション一時停止」ボタンをタップします。 機体は最後に実行されたウェイポイントを記録し、その場所でホバリングします。 機体は自由に飛行することができ、追加の制御オプションを含むメニューがポップアップ表示されます。
前回中断した地点から再開: 機体は、レコードを停止した地点からミッションを継続します。 最初の地点から開始: 機体はスタートポイントに飛行しミッションをリスタートします。
現在のミッションを取り消す: 機体は現在のミッション終了します。 ミッションを続けることはできません。
ミッション一覧画面へ戻る: ミッションリストに戻る。 このメニューをもう一度チェックするには、必要なミッションを選択し「編集」をタップし、「ミッション再開」をタップします。

特別なケース

  1. バーチャルフェンスミッション中に機体が外力、すなわち強風のためにフェンスから飛び出すと、機体ステータスバーにプロンプトが表示され、iPadからオーディオプロンプトが鳴りフェンスが無効になります。 ユーザはミッションを停止し、ミッションを再開する必要があります。
  2. バーチャルフェンスミッション中に、送信機のフライトモードスイッチがトグルされると、フェンスは直ちに無効になります。 機体は停止して現在のミッションを終了すると、機体のステータスバーにプロンプトが表示され、iPadからオーディオプロンプトが鳴ります。
  3. どのミッション中でも、GNSS信号が弱く測位できない場合、機体はミッションを終了し、通常の飛行モードに入ります。信号が強い場合、ユーザはミッションの続行を選択できます。続行すると、機体は最後に記録された地点から継続します。
  4. バッテリ残量警告:バッテリ残量または電圧がプリセット値より低い場合、送信機からオーディオプロンプトが鳴ります。数秒後、機体はミッションを一時停止し、RTHを開始します。ユーザは送信機のSmart RTHボタンを押してRTHをキャンセルすることができます。機体は、バッテリを交換した後に、記録が停止した時点からミッションを続けます。
  5. バッテリ残量警告が非常に低い:バッテリレベルまたは電圧がプリセット値より低いと、送信機からオーディオプロンプトが鳴ります。機体はミッションを一時停止し自動的に着陸します。機体はバッテリを交換した後に、記録が停止した時点からミッションを続けられます。

ミッションの完了

バーチャルフェンスミッションを終えたら、画面の右上隅にある 「ミッション完了」をタップします。 計測撮影またはウェイポイントフライトミッションが完了した後、機体は事前に設定された「ミッション完了動作」を実行します。 アクションの後、機体は自由に制御することができます。

パラメータ設定

このセクションでは、すべてのミッションタイプの共通な画面要素及び、ミッションタイプ毎に別々のパラメータを説明します。

画面要素

パラメータリスト

  1. タップしてリストを折りたたんだり展開したりします。
  2. ミッション名を編集するには、このボタンをタップします。
  3. データ種類を表示します。 計測撮影またはウェイポイントフライトでは、飛行予測時間、航路の長さ、およびウェイポイント数も表示されます。
  4.  左右にスライドさせて値を調整します。
  5.  テキストボックス。長押しで微調整ボタンを表示します。 +/-をタップし調整します。
  6. 境界ポイント/ウェイポイント編集
    1. 緯度と経度: 値を入力するには、ボックスをタップします。 右側の矢印キーをタップすると、微調整出来ます。 上下で緯度を、左右で経度を調整します。
    2. 削除:ポイントを選択し、このボタンをタップして削除します。
    3. リバースパス:このオプションは、ウェイポイントフライトミッションに表示されます。 タップすると開始点と終了点を入れ替えて飛行経路を逆転させることができます。「S」は開始点を示します。
  7. カメラプレビュー
    画像フィードが受信すると、リアルタイムカメラビューをここに表示します。 ウィンドウをダブルタップしてダブル/シングルサイズ表示に切り替えます。 ⑦をタップするとプレビューが最小限に抑えられます。
  8. フライトテレメトリ
    飛行姿勢とレーダー機能:機体の飛行姿勢は円形のアイコンで示されます。
    ・青い矢印は機体の向いている方向を示します。
    ・灰色と青色の領域の比率は、機体のピッチを示します。
    ・灰色の領域の水平レベルは、機体のロール角を示します。
    フライトパラメータ
    ・飛行速度:機体の移動速度。
    ・緯度経度:機体の位置を示す2つの値。
    ・飛行高度:離陸地点からの垂直距離。
    ・北: はiPadの場所に応じて北を示します。 この北は地図上の北とは無関係です。
  9. 保存
    現在の設定を保存します。

バーチャルフェンス

  1. 最大飛行速度 機体の速度制限。 これはデフォルトで5m / sです。 範囲は1〜12m / sです。
  2. 最大飛行高度 機体の高度限界。 これはデフォルトで50mです。 範囲は2〜200mです。

計測撮影

フライトパス表示が有効になっている場合、生成された飛行経路を表示します。 無効な場合パスは非表示になります。

基本設定

  1. カメラモデル
    常に最適な飛行経路を計算するために使用するカメラとレンズに応じてパラメータを設定します。
    固定レンズ:DJI Phantom 3シリーズ、Phantom 4シリーズ、Mavic Pro、Zenmuse X3、Zenmuse X4Sカメラが含まれます。 アプリケーションは、機体が接続されているときに対応するカメラを選択します。
    可変レンズ (Zenmuse X5 / Zenmuse X5R / Zenmuse X5S / Zenmuse Z3):タップして、使用するレンズまたはズームレベルに応じてパラメータを設定し、「Add Camera」をタップします。
    カスタムカメラ:「新しいカスタムカメラ」をタップし、使用するカメラとレンズに応じてパラメータを設定します(歪みが不明な場合は「1」を入力してください)。「Add Camera」をタップします。
  2. カメラヘディング
    パスに沿って飛行するときのカメラの方向を選択します。
    コースと並行:
    カメラはメインパスと平行です。
    *メインパス:撮影が必要な飛行経路は、計測撮影ミッションのメインパスと呼ばれます。
    つまり、カメラのパン軸の角度はメインパスの角度と同じです。メインパスでキャプチャーされた画像は、図のように順番に並べられます。

    (マニュアルの説明では、内容と図が一致していないと思われますが、実際には図が正しいです。進行方向に対して画角の広い辺が垂直になります。)
    コースと直角:
    カメラのパン軸はメインパスに対して垂直です。メインパスでキャプチャーされた画像は、図のように順番に並べられます。

    (進行方向に対して画角の広い辺が並行になります。)
  3. 撮影モード
    ホバリング撮影:
    アプリケーションは、パラメータに従って飛行経路とウェイポイント数を計算します。 ミッションを遂行するとき、機体は各ウェイポイントでホバリングしキャプチャーします。 このモードでは、撮影は安定していますが、必要な時間は長くなります。 必要なウェイポイント数が多いため、ミッション時間も長くなります。
    等距離間隔撮影/ 等時間間隔撮影:機体はキャプチャー中にメインパスに沿って飛行するのでホバリングしません。 キャプチャー間隔は、重複率および他のパラメータに従って自動的に計算されます。 飛行速度は、カメラの機能と高度(解像度)の設定に従って自動的に計算されます。 このモードでは、操作は高速です。 しかし、短い露出時間が必要です。


    !!等距離間隔撮影/ 等時間間隔撮影は、間隔が小さすぎる場合は機体の最低速度や撮影インターバルのため利用できません。 これが発生すると警告がポップアップし、機体は自動的にホバリング撮影に切り替わります。


    !!等距離間隔で撮影/ 等時間間隔撮影にはフライトコントローラーバージョン3.2.10以降が必要です。 古いバージョンを使用している場合は、利用できないことを知らせるプロンプトが表示されます。 このキャプチャーモードは、ファームウェアの更新後に使用できます。 一般設定 > ヘルプ > アプリケーションバージョンに移動して、現在のフライトコントローラのバージョンを確認します。


  4. 航路生成モード
    スキャンモード:
    ライン毎にスキャンしてフライトコースを生成します。 凹面多角形の場合、コースは領域の境界を超えている可能性があります。
    区域内モード:生成されたフライトコースのすべての部分がそのエリア内にあります。 凸多角形の場合、コースはスキャンモードで生成されたコースと同じになります。 凹面ポリゴンの場合は、コースの精度が最適化され、飛行コースが交差する可能性があります。
  5. スピード
    フライトスピードは、ホバリング撮影でのみ設定できます。 速度はデフォルトで5m / sと定義され、2〜15m / sの間で設定できます。等距離間隔撮影/ 等時間間隔撮影では、速度は自動的に計算されるため、ここで調整することはできません。
  6. 高度
    飛行高度またはそれに対応する解像度を調整します。 デフォルトで50mと定義されており、5〜200mの間で設定できます。

詳細設定

  1. 航路上の画面オーバラップ率
    同じメインパスに沿ってキャプチャーされた2つの連続するピクチャーのオーバラップ率。 これはデフォルトで90%と定義されており、10%から99%に設定できます。
  2. 航路間の画像オーバラップ率
    2つの平行なメインパス上の2つの画像の重なり率。 これはデフォルトで60%と定義されており、10%から99%に設定できます。
  3. コースアングル
    メインパスの角度。 東は0°で、反時計回りのときは正の値を持ち、時計回りのときは負の値を持ちます。 範囲は0〜360°の範囲で設定できます。
  4. マージン
    飛行領域を制御するためにエリアマージンを拡大(正の値)または狭め(負の値)にします。 マージン範囲は、スキャンモードで-30〜+ 30m、内部モードで-30〜0mと定義されています。
  5. ジンバルピッチ
    選択したウェイポイントでのジンバルピッチ角。 ピッチ角は-90°から0°の範囲であり、下向きは-90°で表され、前方は0°で表されます。
  6. ミッション完了動作
    ミッション終了後の機体のアクション。
    自動帰還:タップしてRTHの高度を入力して設定します。 機体の高度がこのプリセット値より高い場合、ミッションが完了した高度でホームにリターンします。 機体の高度があらかじめ設定された値よりも低い場合は、ミッション終了後にRTH高度に上昇してリターンします。 RTH高度は、デフォルトで50mと定義されており、20〜150mに設定することができます。
    (注)ホームにリターン後は自動で着陸します。
    ホバリング:ミッション完了後、最終ウェイポイントでホバリングします。 その後、ユーザは機体を直接制御することができます。
    着陸:機体はミッション完了後、最後のウェイポイントで着陸し自動的にモーターを停止します。

ウェイポイントフライト

全体設定

  1. 飛行速度
    飛行速度は1〜15m / sに設定することができます。
    自動:機体は、設定された一定の速度で飛行します。
    手動:コントロールスティックを使用し、手動で飛行速度を調整できます。スライダで設定された最大速度以下で飛行します。
  2. 飛行高度
    飛行中の機体と離陸ポイントとの間の相対高度。 これは1〜200mに設定できます。 「個別設定」で各ポイントの高度を設定することもできます。
  3. 機種方向
    進行方向に沿う:機体の向きは常に次のウェイポイントの方向に揃えられます。
    ウェイポイント毎に設定: “個別設定”で、各ウェイポイントで機体の向きを設定します。
    手動制御:手動でコントロールスティックを使用し、手動で機体の向きを制御できます。
  4. ジンバルピッチ制御方法
    手動制御:ジンバルのダイアルを使用し、手動でピッチを制御できます。
    ポイントごとに設定:各ポイントごとにピッチを設定できます。
  5. コーナリング
    ストレート:ウエイポイントで停止し、ウエイポイントアクションを実施します。そして次のウエイポイントに機首を合わせます。
    カーブ:ウエイポイントで停止せずに、「個別設定」の「コーナリング半径」の値に従ってスムースにカーブします。「カーブ」の場合、「ウエイポイントアクション」は無効になります。
  6. ミッション完了動作
    ミッション終了後の機体の動作。
    自動帰還:タップしてRTHの高度を入力して設定します。 機体の高度がこのプリセット値より高い場合、ミッションが完了した高度でホームにリターンします。 機体の高度があらかじめ設定された値よりも低い場合は、ミッション終了後にRTH高度に上昇してリターンします。 RTH高度は、デフォルトで50mと定義されており、20〜150mに設定することができます。
    ホバリング:ミッション完了後、最終ウェイポイントでホバリングします。 その後、ユーザは機体を直接制御することができます。
    着陸:機体はミッション完了後、最後のウェイポイントに着陸し自動的にモーターを停止します。

個別設定

ウェイポイントを選択します(選択すると青に変わり、ウェイポイントのパラメータを設定します。

  1. 飛行高度
    無効にすると、高度は「全体設定」に従って設定されます。
    有効にすると、各ウェイポイントの高度を個別に設定できます。範囲は1〜200mの範囲で設定できます。機体は各ウェイポイントの値に応じて飛行中に自動的に昇降します。
  2. 機首方向
    このオプションは、 「全体設定」で「機首方向」に「ウェイポイント毎に設定」が設定されている場合にのみ使用できます。北は0°で、正の値は時計回りを示します。利用可能な範囲は-180°〜180°です。
  3. 機体回転方向
    次のウェイポイントに飛行するときの機体の回転方向。「時計回り」、「反時計回り」、「自動判定」から選択してください。
  4. ジンバルピッチ
    選択したウェイポイントでのジンバルピッチ。ピッチ角は-90°から0°の範囲であり、下向きは-90°で表され前方は0°で表されます。 2つの連続したウェイポイントの値が異なる場合、ジンバ​​ルは次のウェイポイントにあらかじめ設定された角度まで徐々に傾きます。
  5. コーナリング半径
    ウエイポイントを通過するときのコーナリング半径です。「全体設定」の「コーナリング」を「カーブ」に設定した時のみ有効です。尚、スタート及び終了ウエイポイントでは、利用できません。
  6. (ウェイポイントの)アクション
    最大15のアクションを追加できます。 アクションを削除、順序の変更、他のウェイポイントへのコピーができます。
    ウェイポイントアクションを追加する:タップして追加します。 アクションは、並べ替えられない限り、追加された順序で実行されます。

    1. ホバリング:機体はウェイポイントでホバリングします。 ホバリング時間を設定するにはタップします。
    2. 静止画を撮影:ウェイポイント到着時にキャプチャーします。 カメラが録画中の場合は、「静止画を撮影」を追加できないことに注意してください。
    3. ビデオ録画を開始:到着時に録画を開始します。 カメラがすでに録画中の場合は、録画を開始できません。
    4. ビデオ録画を停止:到着時に録画を停止します。 カメラが録画していない場合、録画を停止することはできません。
    5. ドローン回転角度設定:ウェイポイントに到着すると、機体の方位を調整します。 タップして回転角度を設定します。 北は0°で負の値は時計回りであり、範囲は-180°〜180°です。
    6. ジンバルピッチ設定:ウェイポイントに到着するとジンバルピッチ角を調整します。 ピッチ角は-90°から0°の範囲であり、下向きは-90°で表され、前方は0°で表されます。「ジンバルピッチ制御方法」が 「ウェイポイント毎に設定」として設定されている場合、機体は定義されたジンバルピッチ角でウェイポイントまで飛行し、現在のウェイポイントアクションで定義されたジンバルピッチ回転設定に従って調整します。
  7. アクションの削除:アクションリストの目的のアクションを左に移動してから、「削除」をタップします。
    並び替え:目的のアクションをタップ&ホールドし、希望の位置にドラッグして離します。 すべてのアクションが目的の位置になったら、“並び替え完了”をタップします。
    アクションを他のポイントにコピー:そのポイントの全てのアクションを他のウェイポイントにコピーする事が出来ます。

以上

Photoscan関連ホームに戻る