シェアする

ビルディングモデルから正確なミッションを生成する方法

シェアする

UgCSを使用し、予め作成した精度の高いビルディングモデル(KMZ)をインポートすることで、のり面、ビル、橋のような巨大な垂直構造物に関しても、正確・効率的に点検撮影を行う事が出来ます。現在お使いの点群ソフト(Metashapeのみ)を有効に活用できます。

まずは、以下の動画をご覧ください。

Facade Scan tool for UAV vertical inspections

1.必要なソフトウエア

  • ドローン(精度を求める場合はRTK搭載したもの)
  • 点群ソフト Metashape
  • UgCS Pro、Expert、Enterprise

2.ビルディングモデルの作成

予め点検対象とする構造物をラフに撮影します。高い精度を出したいのでしたら、RTKを搭載したドローンを使用します。

次にMetashapeを使用し、モデル(メッシュデータ)まで作成します。Metashapeは、モデルからGoogle Eatth KMZをエクスポートすることが出来ます。

3.KMZのインポート

Map Options→Map Layers→3D Objectsタブをクリックします。Addをクリックし、任意のオブジェクト名を入力します。

Uploadをクリックし、インポートしたいKMZを指定します。インポートが成功すれば、Addedが1になります。Closeをクリックします。

もし、0から変化しない場合は、インポートが失敗しています。正しくKMZが作成されているかなどを確認ください。

作成したObjectsをEnabledにします。

Focusをクリックすると、その場所が表示されます。

以上です。

error: Content is protected !!