シェアする

UgCS 汎用目的のためのサーボアクション設定方法(サポート編)

シェアする

DJI A2とWookongのフライトコントローラは、汎用目的のためのサーボアクションをサポートしています。カメラをトリガするのに使用できます。

説明

  • 仕様端子は、A2:F2端子、Wooking:F1端子を使用します。
  • 設定ファイル(場所は後述)にサーボ動作を設定します。デフォルトでは、vsmdjiの “vehicle.dji.trigger_action”パラメータです。
    パラメータNo. レンジ 定義
    1 -1000..1000 デフォルトのサーボ位置
    2 -1000..1000 第1の作動するサーボ位置
    3 0..9 第1のサーボ位置を保持する秒数
    4 -1000..1000 第2サーボ作動位置
    5 0..9 第2のサーボ位置を保持する秒数
    6 -1000..1000 第3のサーボ位置
    7 0..9 第3のサーボ位置を保持する秒数
  • ウェイポイントアクションでカメラモードシングルショットのミッションを作成します。

第1のサーボ位置のみを定義したい場合は、残りの4つのパラメータを省略することができます。

設定例

例:vehicle.dji.trigger_action = 100、-200、1

  • フライトコントローラは、ミッション全体で汎用サーボを位置100に保ちます。
  • 「カメラモード:シングルショット」アクションを持つ各ウェイポイントでは、接続されたサーボは次のようになります。
    ・-200に移動し、
    ・1秒待つ、
    ・ポジション100に戻ります。

設定ファイルの場所

  • Microsoft Windows:
    C:\Program Files (x86)\UgCS\bin\vsm-dji.conf
    *マニュアルでは「UgCS」と記載されていますが、弊社では「
    UgC」以下にありました。
  • GNU/Linux:
    /etc/opt/ugcs/vsm-dji.conf
  • Apple OS X:
    /Users/user name/Library/Application Support/UGCS/configuration/vsm-dji.conf

以上です。