シェアする

UgCS デスクトップPCを使用せずに飛行させる方法

シェアする

UgCSは、PCのアプリ上でルートを編集しますが、現場でPCを使用しないで飛行させたいときは、次の方法で飛行させる事が出来ます。尚、ルートの編集はPCが無いと出来ないので、現場に行くときはお気をつけください。

オンライン上のデータを予め、ローカルに移動させる

PCのアプリ(UgCS Client)とタブレットもしくはスマート送信機のアプリ(UgCS for DJIなど)を起動し、接続させます(機体の接続までは必要ありません)。

下図の「・・・」→「オープンルート」をクリックします。

「UgCS SERVER」をクリックし、目的のデータをクリックします。

「Make available offline」をクリックします。

「LOCAL」をクリックし、データが「LOCAL」に移動していることを確認します。

現場でフライトさせる

「・・・」より、「Open Route」でデータを読み込み、「Upload to drone」をクリックします。

「CONFIRM」でデータを転送・飛行させます。

タブレットをご使用の場合、裏でDJI Goなどが起動されていると、正常に動かない事がありますので、OFFにしておいてください。

以上です。