Metasahpe Newバージョン1.6リリース

Agisoftは、Agisoft Metashape 1.6の新しいバージョンを2019年12月下旬から2020年1月上旬に予定しております。AgisoftMetashape 1.6のインストールパッケージは、AgisoftのWebサイトで公開されますが、プレリリース版は既にフォーラムで公開されています。通常どおり、Agisoft Metashape 1.5もAgisoft Webサイトのダウンロードページで入手できます。 Agisoft Metashape 1.6への更新は、MetashapeおよびPhotoScanのすべてのライセンスユーザーに対して無料です。

New Features

より多くの入力データタイプに対応

  1. 正確なRPC(Rational Polynominal Coefficients:正射投影画像に補正するための有利多項式係数、いわゆるセンサモデル)データが利用できる場合、パンクロマティック画像およびマルチスペクトル画像では、セントラルパースペクティブカメラ(フレーム、魚眼、球形および円筒形)に加えて衛星画像処理がサポートされます。
  2. LIDARポイントをMetashapeソフトウェアにロードし、写真測量ポイントクラウドとマージして、メッシュまたはDTM / DSM生成に使用できるようになりました。
  3. 自動基準マーク検出をサポートするアーカイブデータ(スキャンされたフィルム画像)処理。
  4. 入力データとしてビデオシーケンスを使用するプロジェクトのカメラモーション速度に基づく適応フレーム選択。

より良い品質とより速い処理

  1. 新しいメッシュ生成方法は、深度マップデータと直接連携します。これにより、データセットで可能な限り最も詳細なモデルを再構築できます。
  2. 高密度ステレオマッチングステップでのフィルタリングアルゴリズムの改善により、最終サーフェスのノイズを低減できます。
  3. メッシュおよびテクスチャ生成ステップ両方のGPUアクセラレーションサポート。
  4. メッシュ生成ジョブでも分散処理が利用可能になりました。
  5. PythonおよびJava APIサポートによるワークフロー自動化の新しいオプション。

フライトミッションプランニング

  1. 事前の真俯瞰撮影に基づいて、複雑な形状の建築物の最適なミッション計画の自動計算を行います。生成されたミッション計画は、KMLファイルとしてドローン制御アプリケーションにロードできます。
  2. 重複の削減機能は、画像の冗長性の観点から過剰な画像セットを分析し、処理時間とモデル品質のバランスを維持するのに役立ちます。

Agisoftクラウド

クラウド処理インターフェースの改善-写真測量パイプラインのハードウェアインフラストラクチャを節約し、処理結果をオンラインで視覚化します。

Agisoft De-Lighter

モデルテクスチャからシャドウ(影)を削除するために設計された新しい無料のスタンドアロンツールです。 このツールは、3Dモデルからキャストシャドウとアンビエントオクルージョンを削除することを目的としています。ダウンロード here

以上です。