PPK Go -PPK後処理補正

シェアする

PPK Go

後処理補正ソフトウェアPPK Go は、精密で信頼性のあるドローンのカメラ位置データを取得することができますので、UAV測量の評定点(GCP)の設置を大幅に削減できます。

解析結果は、テキストファイルもしくはイメージファイルのジオタグ更新により2cm 精度で出力され、Metashapeなど主要なSfM ソフトウェアで直接使用することができます。

PPKとは

PPK(後処理キネマティック)の一般的なワークフローは次のとおりです。

飛行中、UAV は搭載GNSS ユニットに基づいて各画像にジオタグを追加します。同時に地上側では基地局(GNSS 受信機、エアロコントローラ、電子基準点など)のGNSS データが記録されます。

飛行終了後、これら二つのGNSS データは、画像のタイムスタンプによってマッチングされます。その後、PPK 解析結果に基づいて画像のジオタグはより高精度の座標へ更新されます。

一連のステップは後処理ですので、UAV~基準局間の通信を行うことなくデータを収集することができます。通信環境や通信距離によるデータ欠損が発生しませんので、信頼性のある測位が可能です。

ワークフロー


キャプチャと入力 ジオリファレンス 画像処理

  • DJI Phantom4 RTKなどにて撮影した画像/GNSS ローデータ/タイムスタンプ/ IMU 補正の自動検出と読み込み
  • 基準局(電子基準点/GNSS 受信機 / Hi-RTPなど)データの自動マッチング
  • 3D レバーアーム補正
  • 各種データムとジオイモデルをサポート
  • 画像EXIF のジオタグ更新、もしくはSfM ソフトウェア用のテキストレポートをエクスポート
  • 主要なモデリングソフトウエアにデータの受け渡しが可能

Hi-target PPK GO の操作方法

特徴

作業工数を大幅に削減

PPK 方式を利用することにより、GCP の設置数を大幅に削減したうえで、高精度の航空写真測量を行うことができます。

RTK-FIX の欠損を修正する時間を短縮することにより、フィールド作業の時間とコストを大幅に削減しながら、精度を確保できます。

マルチ衛星システム対応

各国の測位衛星(GPS / GLONASS / Beidou / Galileo L1 + L2 + L5など)に対応していますので、単一の衛星システムでは信号が不十分な環境においても、適切に衛星を選択してPPK 解析を行うことができ、より高い信頼性と正確なカメラの位置座標を確保できます。

電子基準点 基準局データを統合

国土地理院の電子基準点データへの自動ダウンロード機能や、後処理VRS データのインポートにより、GNSS 基地局を設置しなくても、PPK データを処理することができます。

仕様

GNSS 受信部

GPS L1 / L2 / L5
GLONASS G1 / G2 / G3
Galileo E1 / E5A
BeiDou B1 / B2 / B3

PPK 測位性能

水平 最大1cm + 1ppm
垂直 最大1cm + 1ppm

動作環境

OS Windows 7 以降
CPU Core i3 以上
GPU 不要
RAM 4GB 以上
4GB 以上 1GB 以上

IO フォーマット

JPEG / RINEX / MRK / TXT / CSV / KML

ライセンス種類など

  • 恒久ライセンス/特定のPC1台のみでご使用可能。
  • 日本語マニュアル付属

見積依頼/トライアルライセンス/お問い合わせ








    確認画面は表示されませんので、上記内容にて宜しければチェックを入れてください。