シェアする

PPK Go実践解説書

シェアする

PPK Go実践解説書では、弊社が実際に検証しまとめた内容を記載しています。以下をご参考にください。

1 PPK Go概要

1-1 PPK Goの主な機能

PPK Goは、UAVで撮影したカメラの座標(JPEG XMPタグ内の経緯度座標)を電子基準点のデータを元に後処理補正をします。また、後処理と合わせて、国土地理院のジオイドモデルを使用する事で、楕円高から標高に変換する事も出来ます。この変換は、補正された座標に対する楕円体高を標高に変換します。

後処理補正後のデータは、カメラの座標(EXIF/XMP)データに書き込むか、テキストでエクスポートをする事ができます。このカメラの座標やテキストを使用してMetashapeやPix4Dなどに使用する事が出来ます。

1-2 PPK Go対応ドローン

PPK Goは、Phantom4 RTK及びZenmuse P1に対応しています。後処理補正には、PPKRAW.binを生成する機種が必用です。それ以外のRTKを装備していない機体のデータは、使用出来ません。

PPKRAW.binは手動フライトでは生成されません。ファントム4 RTKの場合はGSR(Ground Station RTK)の「2D写真測量」を、Zenmuse P1の場合はDJI Pilotの「ミッション飛行」を使用する必要があります。

1-3 後処理補正方法

PPK-Goを使用して後処理補正を行う場合、下記の3つの方法があります。本書では、もっとも一般的であろう「国土地理院・電子基準点データを使用」に関して説明致します。この方法は、「VRS業者から後処理VRSデータの入手」も同様な方法、考え方で対応出来ます。「現場にGNSS固定局を設置」は、RINEX形式及びHi-Target社GNSS受信機の観測データ形式(.GNS)をサポートしています。詳細はメーカのマニュアルを参照ください。

  1. 国土地理院・電子基準点データを使用
  2. VRS業者から後処理VRS データの入手
  3. 現場にGNSS固定局を設置

1-4 前提

本書は、DJI ファントム4 RTKもしくはZenmuse P1で撮影したカメラ座標をPPK処理にて補正する方法をまとめたものです。前提は、以下になります。

  • WGS84座標系を使用
  • 国土地理院・電子基準点データを使用
  • 楕円高を標高に変換

これは、現場にてD-RTK2を設置した場合や、ネットワークRTKで飛行した場合、GPSのみで飛行した場合の3つのケースに対応しております。ネットワークRTKもしくは、D-RTK2を使用しても、ネットワークやWi-Fiの瞬間的な通信遮断により、部分的に座標が飛んでいるケースがあります。

尚、WGS84座標系を日本特有の平面直角座標〇系に変更したい場合は、Metashape上で変換可能ですので、弊社UAV測量トレーニングノートを参照ください。

1-5 国土地理院アカウント登録

電子基準点データ提供サービス にてアカウント登録を行う必要があります。PPK Goでは、以下の二つのダウンロード方法を利用する事が出来ます。

  1. FTP(自動ダウンロード)
  2. マニュアルダウンロード

「FTP」は、一度PPK Goにアカウントとパスワードを設定しますと、現場に一番近い基準点から対応している時間のデータを自動でダウンロードしてくれます。但し、RINEXを参照するため、Phantom4 RTKのみ対応しています。Zenmuse P1は、RINEXを生成しませんので、別途RTK Libを使用しPPKRAWからRINEXに変換が必用です。もしくはマニュアルダウンロードを行う必要があります。

「マニュアルダウンロード」は、RINEXの仕様をある程度理解しておく必要があります。RINEXの内容を知ることで内部の処理がわかるようになりますし、必要な補正データをダウンロードで選択出来ます。

どちらの方法も撮影日から約2日目の朝以降に、正確な補正データが反映されますので、それまでは処理は出来ません。これは、電子基準点側の都合によるものです。ご参考:「電子基準点日々の座標値(F5解・R5解)

PPK Go実践解説書は、上記に加えて以下の内容をまとめています。

2 PPK Goの操作方法
2-1 メニューの日本語化
2-2 プロジェクトの作成
2-3 座標系の設定
2-4 ジオイドモデルの設定
2-5 データインポート
2-5-1 UAVデータのインポート
2-5-2 電子基準点データのインポート
2-6 移動局(UAVデータ)の設定
2-7 処理
2-8 解析結果の確認
2-9 解析結果のエクスポート
2-9-1 テキスト形式のレポート
2-9-2 JPEG EXIF 属性にジオタグ付け
2-10 エクスポートしたテキストデータをMetashape等に取込む

弊社でライセンスを購入して頂いたお客様向けドキュメントです。PPK Go実践解説書よりダウンロードしてください。

以上です。