UAV測量などの自律飛行前に確認すべき事

弊社のお客様の傾向は、趣味でドローンをというよりも、仕事でドローンを扱われている方が圧倒的に多いため、かなり厳しい条件の所でUAVを扱われいる方が多いようです。最近、UgCS Ground Stationを販売したお客様から問い合わせが有ったため、その内容のご紹介になります。

弊社でも経験しているのは、大きな構造物の近くでフライトしているとGPSが切れたりします。大きな橋、シェルターです。これらは、鉄筋が含まれているため、上空からきたGPSの電波がこれら構造物にあたり乱反射します。その結果、ドローンがこれら構造物より少し上で飛行していても、乱反射の電波によってGPSをロストするケースがあります。GPSの電波は、2.4GHz帯と周波数は高いため光の性質に近いのですが、それでも多少の反射は発生します。ドローンの高度が構造物よりもずっと高ければ問題はありませんが、それほど高くはない場合(UAV測量などの高度は)、この反射の影響は受けます。鉱山などの山にも影響を受けたりします。

また、高圧電線の近くやその直下は、電線での強い磁場によってGPSや送信機の電波が遮蔽されてしまいますので、同じような事が起きます。また、GPSだけではなく、ドローンはコンパスを搭載しており、このコンパスを基準に飛行していますので、コンパスが狂いやすい環境(磁場、鉄筋)には注意が必用です。DJIで言えば最新の機体は、コンパスが狂っていると飛行制限(確か記憶では高度10mまで)がかかりますが、以前のS900やS1000などをタブレットを使用しないで飛行(双葉の送信機を使用)する環境では、機体のステータスは光による点滅表示のみですので、コンパスが狂ってもエラーがわかりにくいため注意が必要です。

Ground StationやLitch、弊社で扱っているUgCSなどの自動操縦は、コースデータをドローンに転送し自動操縦させると、送信機の電波が切れてもデータに基づいて飛行しますが、GPSやコンパスが狂うと、おかしな方向に飛んでいきます。完全なロストの場合は、その場でホバリング(もちろん風には流されます)が、乱反射やコンパスが狂っている場合は、500、600メートルの位置連れが発生するようですので、どっかに飛んで行ってしまします。

自動で飛行させる前は、コンパスのデータが狂っていないか、ホームポジションは正常な位置を示しているか、UgCSの場合は、標高データも正しく表示されているか、GPSロストの場合のドローンの振る舞い(ほとんどは不時着モードに入る)、緊急時のマニュアルモードへの変更方法を事前に確認するようにお願い申し上げます。飛ぶものはいつか絶対落ちますので、リスク管理が大事だと思っています。

以上です。

テキストのコピーはできません。