Metashapeよくある質問編

ライセンス販売に関して、特によくある質問として、ライセンス関連、サポート関連をまとめています。

新規でインストールする場合

特に難しいことはありません。使用OSのビット数を確認し、対応したソフトウエアをダウンロード、インストールになります。基本的に設定はデフォルトでOKです。

以下、順に説明致します。

パソコンのOSのビット数(64/32ビット)を確認する

以下は、Windows7での説明になります。Windows8もしくはWindows10の場合は、表示等が多少異なりますが、基本的には同様手順になります。

簡単には、デスクトップに表示されている「コンピュータ」上で右クリックし、「プロパティ」を選択します。もし、デスクトップ上に表示されていない場合は、スタートメニューをクリックし「コンピュータ」上で右クリックしてください。もしくは、下方の「別の方法」を行ってください。

以下、全て、赤枠をクリックもしくは、確認、入力をして下さい。

以下の画面が表示されますので、「システムの種類」で64ビットか、32ビットかを確認することが出来ます。

ビット数の確認が出来れば、以下はスキップし、「インストールファイルをダウンロードする」に進んでください。

別の方法:「スタート」メニューをクリックし、「コントロールパネル」をクリックします。

「コントロールパネル」を開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。Windows8,10では、表示名称や場所が若干違うかと思いますが、システムという所を探してください。

「システム」をクリックします。

以下の画面表示されますので、「システムの種類」で64ビットか、32ビットかを確認することが出来ます。

インストールファイルをダウンロードする

http://www.agisoft.com/downloads/installer/ をクリック(ウィンドウが追加で開きます)します。以下の画面が表示されますので、ソフトウエア種類とOS、ビット数に対応したソフトウエアをクリックします。通常は、最新版を選択してください。

以下の例は、Professional版のWindows 64ビットになります。

クリックすると、以下の画面が表示されますので、「保存」横の矢印をクリックし、「名前を付けて保存」選択し、好きな場所に保存します。

ダウンロードが完了したら、保存したファイルをダブルクリックします。後は、基本的には画面に従ってデフォルトでOKしていくだけで大丈夫です。

例)Windows版 Version1.44のファイルは、photoscan-pro_1_4_4_x64.msi というファイルになります。ダブルクリックすると、以下の画面が表示されます。

デスクトップにショートカットを作成したい場合は、「Creat desktop shortcut・・・」にチェック入れます。

これで、インストール終了です。

ライセンスキーをアクティベーションする

アクティベーション時は、ネットワークに接続しておく必要があります。
PhotoScanを立ち上げ後、メニューの「ヘルプ」→「製品のアクティベート…」をクリックします。インストール後、初めてPhotoScanを起動した場合は、すぐにアクティベーションの画面が表示されます。

以下の様にアクティベーション画面が表示されたら、ライセンスキーを入力します。

無事、アクティベーションが終われば、以下のように表示されます。

新規インストールは、ここで終了となります。お疲れ様でした。

他のPCにライセンスを移行したい

①最初に現在使用しているPCでライセンスをディアクティベーションを行う必要があります。ソフトウエア自体はアンインストールする必要はありません。もし、ディアクティベーションを実行する前にアンインストールしてしまった場合は、再度インストールを行い、ディアクティベーションを行ってください。ライセンスを一旦外す事が大切です。

「ディアクテベートをする」をクリックすると、以下のように表示されます。

②次に移行先のPCにて、アクティベーションを行います。

以上で移行完了となります。

PCのハードウエア(CPU、HDD、GPU等)を変更したい

ライセンスをactivationしているPCのハードウエアを変更する場合は、最初にライセンスをディアクティベーションし、ハードウエア変更後、再度アクティベーションしてください。どこまでの改造であれば問題ないかと悩む場合は、一旦ライセンスを外すのが確実です。

ライセンスを外さないでハードウエアを変更しますと違うPCと認識され、ライセンスを外すことも再度認証させることも出来なくなります。メーカではPCクラッシュ以外、セルフ解決が基本ということですので、ご注意ください。(この場合、ハードウエア構成を元に戻しライセンス解除します。)

ソフトウエアのバージョンアップを行いたい

PhotoScan→Metashapeへのバージョンアップも同様です。基本的にライセンスの操作は必要ありません。

①既にインストール済のバージョンのソフトウエアをアンインストールを行います。

②最新のバージョン(Metashape)をインストールを行います。

③PhotoScan(Metashape)を立ち上げて確認します。

アクティベーションしているPCが壊れ、再起動出来ない

PCが再起動出来なくなった場合、ライセンスは壊れたPCが掴んだままとなっているため、新しいPCを購入してもライセンスを移行することは出来ません。メーカに解除してもらう必要があるため、弊社までご連絡ください。

通常は、Cドライブがクラッシュしてなければ、セーフモードで起動できる事が多いです。セーフモードへの入れ方は、PCによって違うため、確認してみてください。起動後は、Metashapeを開き、ディアクティベーションしてください。

他の販売店で購入したが、サポート可能でしょうか?(測量やドローンの技術的な事を聞いてもわからない)

このご相談は良くあります。ご対応可能な場合もございますので、メールでご連絡ください。

PCはどの位の性能の物を購入したらよろしいでしょうか

PC性能に関しては、Metashape処理に必要なパソコンの性能と設定をご確認ください。

ファントムRTKのExif高度をMetashapeで利用できるように変換できませんか。

ジオイドモデルの設定とモデルの提供が可能です。Metashape内でダイレクトに変換可能です。

Metashapeジオイドモデル

以上です。