ファントム4 Pro+ リモートコントローラのアップデートが失敗したときの対処方法 

リモートコントローラ ファームアップデート失敗時の対処方法

3/7にファントム4+ファームウエアがアップデートされました。現在では、SDカードを使用したアップデート方法が記載されていますので、この方法を行う事で正常にアップデートが可能です。

しかしながら、3/7にファームがリリースされた直後は、この方法が記載されておらず、インターネット経由で直接アップロードした方が多く、この方法だとパッケージが壊れている(データが壊れている)というメッセージが出るようです。

Note
Update Failed Error code:800

この場合、SDカードを使用したダウンロードの前に次の作業を行う必要があります。
(外国サイトからの情報ですが、私はPro+を保有していないので、日本語メニューの表示は多少違うかもしれませんので、臨機応変に読み取ってください)

  • 設定>ストレージ>キャッシュデータをクリックしキャッシャを削除
  • 設定>ストレージ>SDカードを消去(フォーマットされます)
  • 設定>ストレージ>SDカードをアンマウント(SDカードを取り外しの準備)

リモートコントローラ ファームアップデートの正しい方法

  • DJIのサイトから最新のファーム(GL300E_RC_xxx.bin)をダウンロードし、マイクロSDカードに保存する
  • リモートコントローラのスロットにマイクロSDカードを挿入する
  • リモートコントローラの電源を入れ、システム設定>システムアップデート、 右上コーナの「ローカルアップデート」をクリック。
  • SDカード内の最新ファームが見えるので、「アップデート」をクリックしてアップデートをスタートします。

以上です。

テキストのコピーはできません。