DJIのフライト規制

ご存知の方も多いと思いますが、国土交通省のフライト規制地区とは別に、メーカ独自の規制というものが存在します。

このメーカ独自の規制は、基本的には国土交通省の規制地区に準じていますが、例えばDJI社であれば、この規制地区内では飛行は出来ません。具体的にはモータが始動出来ないということになります。

国土交通省のフライト規制地区は、許可の申請を行うことで取得出来るとは思いますが、DJIの規制は日本では正式には解除出来ないようです。

DJI社独自の規制地区は、以下のURLにて確認することが出来ます。

http://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly

上記規制地区の範囲は、実際には境界に誤差がありますので、境界付近の地域は、DJI Goアプリの地図で確認することが出来ます。

尚、フライトモードのマニュアルモードであれば、規制地区でも飛行させれるのでは?という疑問はあるかと思いますが、裏ではGPSを監視していますので、マニュアルでも飛行(モータの始動は不可)は出来ません。万が一、ドローンが暴走し、実機航空機のエンジンに吸い込まれた場合は、ジェットエンジンはブローしますので、多くの人命に影響します。

私のバックグラウンドは半導体の設計ですが、コンピュータがバグらない事は絶対にありません。人間が作っているものですから。この辺りは別途ご紹介したいと思いますが、機器(ドローン)を過信することは絶対にやめましょう。何をするにしても、もしもの場合のリスク管理は非常に大事です。

以上です。

テキストのコピーはできません。