シェアする

Metashape Professional 1.5のMicaSense Altum処理ワークフロー(反射率キャリブレーションを含む)

シェアする

☆Thu, 25 Jul, 2019 版

このチュートリアルでは、マルチスペクトルデータ処理に関連する主な処理段階について説明します。

  • マルチカメラシステム(マルチスペクトルカメラ)アプローチを使用した画像の追加
  • 反射率キャリブレーション手順
  • カメラアラインメントと最適化
  • 表面復元(高密度クラウド、メッシュ、デジタル標高モデル)
  • オルソモザイク生成
  • ラスター計算ツールを使用したインデックス計算
  • データエクスポート

このチュートリアルに従うには、Agisoft Metashape Professional 1.5.xを使用してください。

このページを参照するには、ログイン が必用です。未登録の方は、会員について から無料で登録頂けます。