シェアする

RealityCapture第2話 -座標系の変換-

シェアする

RealityCaptureの実践シリーズ、第2話です。

製品の詳細基本的な使用方法に関しましては、リンクをご確認ください。

座標系を変換するお話です。RealityCaptureもMetashapeと同様、GCPなどを設定して処理したデータの座標系を変換する事が出来ます(但し少しですが一部手作業が入ります)。点群ソフトによっては、処理後データの座標系を全く変換できないものもあります。その場合、一から処理を全て行い直さないといけません。

以下に、例として、GCPの座標系を変更する手順を示します。

下図は、4番のGCPにJGD2011 12系の座標を既知点として設定し(緑枠)、その後アラインメント処理行った後の座標値(赤枠)を示しています。

このページを参照するには、ログイン が必用です。未登録の方は、会員について から無料で登録頂けます。