シェアする

PPK Go バージョンアップ時の注意点

シェアする

ソフトウェアのバージョンアップの際、ソフトウェアIDの変更を避けるために注意すべきポイントをご案内いたします。

  1. バージョンアップする前に、古いバージョンのPPKGoをアンインストールし、外部USB等を取り外してください。外部のUSBディスク等を刺したままにすると、ソフトウェアレジストラがメインハードドライブを読み取ってソフトウェアIDを生成するため、影響を受ける可能性があります。
  2. 古いバージョンのPPKGoをアンインストール後、確認済みの登録コードを含むログファイルはディスク上に残るため、同じディレクトリに新しいバージョンのPPKGoをインストールすると、自動的に以前の登録コードを読み取りアクティベーションをいたします。
  3. PPKGoのインストールが完了後は、USBデバイス等を挿入しても競合は発生致しません。