Agisoft Metashape

Metashapeライセンス

メーカ公式ライセンスです。購入、ライセンスアップグレードなどお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

正しい復元(モデリング)技術を

Metashapeは購入しただけでは、正しく扱う事はできません。正しい復元を行うためには、カメラのレンズキャリブレーション、カメラ性能を100%発揮した撮影、正しいモデリング処理が必要となります。

ソフトウエアのマニュアルは、ソフトウエア操作方法のみの説明の為、写真測量の技術・ノウハウ的なものは含まれておりません。特にカメラのレンズキャリブレーションは、UAV測量、写真測量等のセミナーでしか情報を得られないため、正しく行っている方はほとんどいらっしゃらないのが現状です。

弊社では、上記内容でお困りのお客様への対応として、日本語マニュアル、UAV測量トレーニングノート、弊社サポート情報(保護付記事)の閲覧用パスワードを付属してます。UAV測量トレーニングノートで学習する事で、数年分のノウハウを数日でマスター出来ます。

Metashape機能

Metashapeには、Professional Editionと、Standard Editionがあり、それぞれ以下の機能を有しています。

 機能 Professional
Edition
Standard
Edition
写真三角測量  ○
高密度点群 生成と編集
3Dモデルの生成とテクスチャリング
スフェリカルパノラマステッチング
魚眼カメラサポート
スフェリカル及びシリンダーカメラ
高密度点群 分類
デジタル標高モデル:DSM / DTMエクスポート
オルソモザイクのエクスポート
(モデルからJPEG/Tiff等への出力)
オルソモザイクシームライン編集
マーカー/スケールバーのサポート
地上コントロールポイントサポート
コーデット/ノンコーデットターゲット自動検出
マルチスペクトル画像処理
NDVIおよび他の植生指数の計算
階層タイモデル生成
ダイナミックシーンの4Dモデリング
Pythonスクリプト
ネットワーク処理
測定値:距離、面積、容積
OS: Windows, Mac OS X, Debian/Ubuntu  ○
フローティングライセンス

Metashapeライセンスの種類

ライセンスは、以下の種類があります。また表には記載はありませんが、StandardからProfessionalへ、Node-LockedからFloatingへの切り替えも可能です。お問い合わせください。

Professional
Edition
Standard
Edition
ライセンス契約内容
一般企業様 Node-Locked Node-Locked マシン1台に付き、1ライセンス必要です。他のPCへライセンス移動する事も出来ます。
Floating None ライセンスを管理するサーバにより、ライセンス数分、複数のマシンで同時に複数プロジェクトを処理可能です。
Educational Node-Locked Node-Locked 商用目的で使用出来ません。
マシン1台に付き、1ライセンス必要です。他のPCへライセンス移動する事も出来ます。
Floating None 商用目的で使用出来ません。
ライセンスを管理するサーバにより、ライセンス数分、複数のマシンで同時に処理可能です。

Metashapeライセンスアグリメント(主な内容)

  • Agisoft社による1年間のメールベース(英語のみ)の技術サポートがあります。
    コンタクト先:support@agisoft.com
  • プロダクトバージョン1.99までのフリーアップデートが可能です。
  • ライセンスを他人(他社)に譲渡することは出来ません。
  • Educationalライセンスは、商用目的では使用できません。
  • 配布、販売、賃貸、リース、譲渡、移転は、禁止となっています。

Metashapeのシステム要求

MetashapeのマニュアルVer1.5で記載されているシステム要求です。

最小構成

  • Windows XP以降(32ビットまたは64ビット)、Mac OS X Snow Leopard以降、Debian / GLIBC2.13+含むUbuntu(64ビット)
  • Intel Core 2 Duoプロセッサまたは同等のプロセッサ
  • 4GBのRAM推奨構成

推奨構成

  • Windows7 SP1以降(64ビット)、Mac OS X Mountain Lion以降、Debian / GLIBC2.13+含むUbuntu(64ビット)
  • Intel Core i7プロセッサ、もしくはAMD Ryzen 7プロセッサ
  • ディスクリートNVIDIAまたはAMD GPU
  • 32GBのRAM

MetashapeのマニュアルVer1.5では、メモリ(RAM)容量と処理できる写真枚数は、以下の通りとなっております。

メモリ容量(RAM) 写真枚数 サポートGPU
4G Byte 1000万画素 30~50枚 NVIDIA:GeForce GTX400シリーズ以降
ATI:Radeon HD 6000シリーズ以降
16 GByte 1000万画素 300~400枚

現実的には、今のカメラは2000万画素以上ありますが、メモリ32GBで1000枚程度は処理可能です。構造物復元はよほどのことがない限り32GBで十分かと思いますが、UAV測量の場合は大きな面積でオーバラップ率を上げた場合1000枚超えていきますので、本格的な測量用途であればメモリ64GB推奨です。

Metashape技術サポート

ライセンスを購入しますと、メーカによる1年間のメールベースサポートが付属します。やり取りは英語となります。

ご希望のお客様には、弊社日本語による技術サポートをお付けいたします。下記フォームにて、「技術サポート」をご選択ください。弊社の強みは、単なるソフトウエアだけの使いかただけではなく、ドローン、カメラ、写真測量などを含めたサポートが可能です。研究所などへのサポートも行っております。教育機関様以外は、ほぼお申込みされている状況です。

弊社のMetashapeサポート実施例(構造物点検分野):

実際の撮影ターゲットを考慮した実施例です。

BOX点検
・結果を点群として記録する事で、全体の中のどの場所が不良なのかわかります。写真はBox側面のオルソです。BOX内は暗いので、点群化が非常に厳しいですが、クリックして拡大して頂くと文字がきれいに見えます。
シェルター点検
・写真は、シェルターのTopビューです。
河川点検
・全体状況、災害状況の確認ができます。

Metashape Professional購入特典

弊社でProfessionalを購入されたお客様には、以下の弊社オリジナル特典が無料付属します。最新版を常にダウンロードできます。詳細は右側サイドバー該当リンクをご参照ください。

  • Metashape日本語マニュアル(PDF)
  • UAV測量トレーニングノート(PDF)
  • Metashapeサポートページ閲覧(パスワード発行)

(注意)ProfessionalのEducationalの特典は、日本語マニュアルのみの付属となりますが、他の特典もご要望の場合はご連絡ください。

Metashape関連製品

下記は、Metashape Professionalを使用する上で、必要な製品類です。カメラキャリブレーションシートは、最初からセットで購入された方が良いですが、それ以外は目的・用途別でご選択ください。

詳細は、上記メニューのプロダクト(もしくは、右側サイドバーの上部)をご確認ください。

DJI製品も各種取り扱っております。ご連絡ください。

Metashapeトライアル

トライアルライセンス、ダウンロード、使い方、よくある質問は、Metashapeトライアルをご確認ください。

お見積り依頼・お問合せ

下記フォームよりお申込みください。お見積書をメールにて送付いたします。










   


   


   

お申込み後、すぐに自動返信メールが届かない場合は、入力されたアドレスに誤りがあるか、迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があります。
sells@kuu-satsu.com

以上です。

テキストのコピーはできません。