Agisoft PhotoScan 対 Agisoft Metashape

Metashapeのプレリリースからの情報です。

深度マップに基づく非常に詳細なメッシュディテール

高密度のステレオマッチングのフィルタリング改善は、シーン内の薄い構造物を維持し最終的な表面ノイズを低減するのに役立ちます。新しい深度マップベースのメッシュ生成方法は、深度マップデータを直接作用させ、利用可能なすべての情報により非常に細かいジオメトリを復元します。GPU アクセラレーションは、以前のバージョンと比較して、メモリ消費量を大幅に削減し、処理を大幅に高速化します。

自動的なマルチクラス高密度点群の分類

Agisoft Metashape は、スキャンされたデータの重要なタスクを解決するために、機械学習技術に富んでいます。セマンティック分類機能は、写真測量ポイントを自動的に地面、植生、建物、道路、車のクラスにグループ化します。

さらに、手作業でラベル付けされたデータを得ることにより、自動分類の品質を徐々に改善する予定です。興味のあるユーザーは、当社のウェブサイトに掲載されているガイドラインに従って点群を私たちに送信することで、このプロセスをスピードアップするのに役立ちます。

クラウド処理オプション

Metashape は、マルチコア cpu とマルチ GPU システムに最適化されており、結果を迅速に生成できます。
HPC クラスターでの分散処理は、大量のデータセットのすべての計算をさらに高速化するのに役立ちます。Metashape 1.5 は、ハードウェアインフラストラクチャに投資を抑えたい人のためのアプリケーションのユーザーインターフェイスに統合されたクラウド処理オプションを提示します。プロジェクトの要求に応じて、異なる支払計画が提供されます。

Agisoft PhotoScanから Agisoft Metashape への更新は完全に無料であり、ライセンスされたユーザーからの追加の支払いを必要としません。

以上です。

テキストのコピーはできません。