シェアする

M300RTKファーム情報

シェアする

Matrice300RTK ファームアップデート情報

2021年2月1日ファームアップデート

弊社で使用しているM300RTKでも確認出来ましたので、以下に記載致します。

アシスタントソフトウエアを使用したMatrice300RTKファームアップ

新機能の追加

1 Zenmuse P1ジンバルとカメラに対応。
2 障害物回避に使用出来るCSMレーダのサポート。詳細こちら
これは、別途CSMレーダを購入し機体に装着する事でミリ波レーダによる障害物を検知できるものです。ビジョンセンサーと平行して使用でき、CSMレーダを使用する事で電線のような細い障害物の検知し、障害物との距離も表示可能となります。
3 カメラとFPVビューの最適化。
4 EGM96モデルを使用し、機体の絶対高度(ASL)を表示。
日本で定義されている標高モデル(東京湾平均海面)とは異なり、地球の平均海水面を基準にしたもの。多少の違いはありますが、おおよその絶対高度として参考にする事が出来ます。尚、表示モードが追加されたのみで、飛行への影響はありません。従来の高度も選択出来ます。
5 リモートコントローラのバッテリ残量が10%以下時は、離陸できない制限を追加。詳細別途。
6 リモートコントローラが画面を録画している時に、音声を録音する機能を追加。
スマート送信機のマイクで録音したものを録画に反映出来ます。
7 ライブストリーミング(GB28181規格)への対応。

ミッションフライトの最適化

1 マッピングミッションに地形認識モードを追加。DSMファイルをインポートする事で利用可能。
2 フライトミッションを計画する際に、リモコンの記録、ファーカス、シャッターボタンを無効にできる機能の追加。
3 フライトミッション計画のカメラリストにH20赤外線カメラとPSDK102S(日本では未発売)を追加。
4 ジンバル制御の安定の最適化。

その他

  • デフォルトのRTH高度を100mに変更(安全を配慮)

バグ修正

  • ミッションフライト中に撮影し損ねる問題を修正。
  • ミッションフライト中、ジンバルが異常にヨー方向へ回転する問題を修正。
  • ウェイポイントのミッション時、最後のウェイポイントを実行出来ない問題を修正。
  • ウェイポイントのミッション時、ミッションを完了出来ない問題を修正。
  • 送信機の日付誤表示問題を修正。
  • 送信機でメディアの音量を調整したときにフィードバックオンが出なかった問題を修正。
  • 外付けPilot Appに接続する際、再生ダウンロード速度が遅い問題を修正。
  • Mapboxを使用する際、ミッション飛行で中断した飛行ルートを再開できない問題を修正。
  • デュアルオペレータモード時、ジンバル制御不具合を修正。
  • H20ズームカメラのナイトモードと4K解像度を設定出来ない問題を修正。
  • バッテリー認証エラー問題を修正。
  • カスタムネットワークRTKが切断されると再接続できない問題を修正。

詳細は弊社までご連絡ください。

以上です。