シェアする

PhotoScan CSV(マーカ定義)+ガイド付きアプローチを使用したマーカ配置方法(Photoscanサポート限定)

シェアする

弊社でPhotoScan Professionalライセンス購入者限定のサポートページです。
マーカーは、カメラの位置と向きのデータを最適化するために使用され、より良いモデルリファレンス結果が得られます。正確にジオリファレンスされたオルソモザイクを生成するには、地上制御点(GCP)を関心領域内に均等に配分する必要があります。

マーカの設定は、マニュアル設定、自動検出設定、ガイド付きアプローチによる設定方法がありますが、マーカが複数ある場合は、あらかじめcsvもしくはtxtファイル等にマーカ名と座標を定義しインポート後、ガイドに従ってマーカ配置を行うと、効率よく設定が出来ます。やり直しする場合も、csvファイルが残っているので場所の指定のみで即座に作成出来ます。

ガイド付きマーカ配置は、あらかじめ写真のアラインメントを行っておく必要があります。以下の説明は、アライニング完了直後(第2回チュートリアルで言うところの「カメラアライメントの最適化」の前)からとなります。

このページを参照するには、ログイン が必用です。未登録の方は、会員について から無料で登録頂けます。