シェアする

Metashape(旧Photoscan) 精度割れ対処方法3|GPS座標の取扱い

シェアする

弊社でPhotoScan Professionalライセンス購入者限定のサポートページです。
精度割れ対処方法として、前回までの記事の対処方法1~2は、カメラのキャリブレーション関連を記載しました。

今回は、GPS情報の取扱いに関してになります。ドローンで撮影した写真をPhotoScanで処理を行う場合、Exifデータ内のGPS座標を取り込んでいると思います。これは、ファントムやインスパイア等、ドローン純正のカメラを使用した場合、ExifにGPS座標が入っているのですが、その写真をPhotoScanに読み込む事で、自動的にGPSの座標も読み込まれます。

このページを参照するには、ログイン が必用です。未登録の方は、会員について から無料で登録頂けます。